2019年2月9日今週の振り返り 連敗継続中(汗)

ドル円1時間足

ー116,000円

今年はまだ勝ち星がなく、今週までで含み益が70%消えました。

いよいよ終焉が近い。。(汗)

総括

「ひどいトレードをたくさんやってしまった。。」

1週間を振り返った感想です。

FX(主にドル円)は7か月の経験ですが、こんな小さいレンジ相場も初めての経験でした。

昔225先物やっていたときはレンジが多い印象がありましたが、転向したFXはいつでも動いていて「レンジ相場がない」という印象を持っていました。

FXでもレンジ相場あるんですね。。

ポジポジ病

「勝ち星が欲しい」という感情から、走る可能性が1%でもあればトレードしている感じです。

落ち着いて待てなくなってる。

ドル円がずっと小さなレンジで、私の手法では何をやっても勝てない相場でした。

それでも、「レンジを抜けたら大きく動く!」に期待して、無理なトレードを繰り返していました。

レンジ相場

レンジ相場に対する向き合い方が間違っていますね。

抜けるまで待つ。

レンジが続けば損失が積みあがるだけ、というのは身に染みて理解しました。

検証に戻れ

今年の大量の負けにより、私のトータル成績はヤバイほど低下しています。

勝率 58% → 47%

リスクリワード 2 → 1.68

「検証フェーズに戻れ」

そう判断すべき状況になってきました。

「含み益が消えたら検証に戻る」

これでいきます。

以上です。ありがとうございました。

(以下は私の個人的メモとなります。)

トレード①

転換ではなく、利食い売りを狙ったトレード。

こんなのやらなくていい。普通はやらないトレード。

トレードしたい気持ちが先行しすぎでした。

トレード②

1HWトップの見方が小さすぎる。

気持ちが焦りすぎている。

トレード③

狂っている。ポジポジ病。売りバイアスかかりすぎ。

ここで売るのはアリエン。

トレード④

③からのドテン。ポジポジ病。

トレード⑤

今週唯一マトモなトレード。

結果は負けでも仕方ない。

トレード⑥

ポジポジ病。

「下がないなら上だ」というバイアス。

4HWボトムの中の1HWボトムの中の15分上昇転換。これはOK。

でも無理しすぎなトレードだ。普通はやらない。