2019年2月20日トレード

2019年2月21日

ドル円、10時ちょい前のエントリです。

トレード根拠

ドル円日足

上昇トレンド継続中。

押し目からトレンド復帰。前回高値を試しにいく流れ。

日足MAも下から上昇中。上は週足MAと分かりやすい節目があるが十分距離はある。

ドル円4時間足

上昇トレンド継続中。

昨日夜間に押し目を作ってきている。

昨日下向きの4HMAを上抜けて、押しが入っている。

4HMAが下向きから水平になってきて、受けつつある。

ドル円1時間足

安値を順次切上げてきている。1H下降ダウへの転換の動きを見せるも、エントリ時点で1H上昇ダウを確定させた。

4HMAを上抜けてから4HMAまでの押し。4HMAも受けてきている。

1HMAは上昇中。水平~上向きなので大きな抵抗にはならない。むしろ上抜けばレートを下支えしてくれる。

調整の1H下降トレンドラインは既に上抜け済。

4H上昇トレンドラインは若干下抜けたが、どうにか効いている感じ。

ここまでは完璧だが、唯一の懸念は損切り幅が大きいこと。まだ収斂しきっていない。

もう少し時間をつかって収斂するかと考えていたが、あっさり1Hネックラインを上抜けてしまったので、ついていく。

ドル円15分足

15分足で見ると荒れているのが良く分かる。収斂しきっていない。

そのため損切り幅も若干大きい。1H前回安値を損切りにすると遠すぎるので、15分足の前回安値を損切りに使う。若干心配。。

あと損切り幅と直近高値までのリスクリワードが合わない。これも悩ましい。。

ただ、

・日足から1時間足まで十分整っている

・エントリするラインは2回止められて揃っているので、抜ければ損切りを巻き込みやすい。

・日足での前回高値を試す動きにつながる可能性が高く、そう考えればチャレンジする価値ある。

と考えてエントリしました。

(今日は反転するにしても、優しくお願いします。。祈)

結果

ドル円15分足

15時間ポジションを保持して微益終了。

1HMAが上がってきていたので、15分足ではなく1時間足でのトレードに切り替えて粘った。

欧州からNY時間にかけていい形になってきていたのでもう1回走れるかと期待したが、急失速。上向きの5分15分1時間のMAを一気に割り込んできて完全におかしい動きなので微益撤収した。

まだ下から4時間足MAが上がってきているのでドテン売りもなし。

なんなんでしょうねぇ。。週足MAにも接近していて、そろそろ日足転換の前兆なのでしょうか。

微益で終わってしまったが、十分引っ張れていいトレードができた。満足。あとは相場次第。

このトレードを繰り返していれば、そのうち獲れるだろう。

以上です。

ありがとうございました。