2019年5月16日見送り2件

本日はノートレードでしたが、2件エントリを考えて見送りました。入っておけば利益が出たのに、、、という悩ましい結果でした。これも反省に使うために記録にします。

画像は全て走った後のものなので、結果が見えています。

USDJPY

4時間足
4時間足拡大

長い長い下落が続き、ついに4時間足で安値を切り上げてきたかという局面です。

4HMAもほぼ水平。買いを考えてもよい局面です。

1時間足
1時間足拡大

1時間足ではWボトムが見えています。エントリするとしたらネック抜けです。

4HMAは若干下向きですが勢いはなくしています。1HMAはまだ4HMAの下です。ネック抜けすればゴールデンクロスも期待できますが、昨日の下落では1HMAが4HMAにゴールデンクロスしたのに踏ん張って下げました。それと同じように踏ん張るかも、、、といつもは考えない事を考えてしまいました。昨日は安値も切り上げていなかったので当然2番底を試しに行くだろうという状況で、今日とは全然状況が違うのですがね。これは浅はかでした。

あとは直上に気になる抵抗が2つあったことです。損切り幅20pipsに対して、抵抗までは5pips、15pips。リスクリワードが合わないよなぁ、、という懸念です。

抵抗は、昨日の下落の起点となった高値。もう1つは、今朝の下落の起点となった高値。

15分足
15分足拡大

15分足で見ると、損切り幅に対して抵抗が近い事が分かります。

結果的に実際の値動きでも抵抗を意識しながら1つ1つ登っていく感じでした。

あと気になったのはMAの並びです。上昇とは真逆の下落のパーフェクトオーダーです。もう1つの見送りも同じですが、このMAの並びが真逆ってのが怖くて入れない。ここ、もう少し事例を溜めて「気にすんな!」と判断できれば考えを変えていこうと思う。

EURUSD

日足
日足拡大

日足では大きな流れは下落です。

直近を見ると、戻しの上昇中ですが、Wトップの可能性が見えています。(まだネック割れていないので未確定ですが。)上昇中ですが売りも考えられる局面。もし、上昇トレンドラインを下抜けるようなら大きな下落につながる可能性のある美味しい場面になりうるところです。

(結果的には抜けてきて、悔しい。。。入っておけば大きな利益を得られたかもしれないのに。。。)

4時間足
4時間足拡大

4時間足では下落トレンド。戻しが1時間足レベルのWトップになって高値切下げポイントになるのが濃厚な場面です。4HMAタッチです。4HMAに対するグランビル第3波がかかる場面でもあります。

ただ、日足の上昇トレンドラインが安値をサポートしてきた状況です。また4HMAが日足MAにゴールデンクロスしての押しです。安値を切り上げて上昇転換する可能性も十分考えられる場面です。

エントリを検討していたときには、「どっちだ?」と悩みましたが、今考えると、そんなの分からんですよね…。リスクリワードの考慮は必要ですが、素直に4時間足の順張りでエントリすべきですね。で、「安値切上てLCになったらしょうがない」と考えるべきでした。失敗。

1時間足
1時間足拡大

「1時間足のWトップを作ってくるか!?」という局面です。

1HMAが上に拡散しようかとしていますが、4HMAに対するグランビル第3波で走る場合には、4HMAに収斂して下へ再拡散というのが通常です。 さほど問題ではない。

15分足
15分足拡大

15分足でかろうじて認識できる高値切下げからのネック割れ。同時に1HMAを下抜けるところ。1HMAはほぼ水平。切下げた高値も節目になってる。

ここが考えうるエントリポイントでした。

ただ、指値を入れたけど、直前でキャンセルしてしまいました。一番ひっかかったのはMAの並び。。。5分足だと上昇の並び。今までこういうMA形状ではエントリしてこなかったので怖くてキャンセルしちゃいました。経験不足です。

結果的には下げてますが、一気下げにはなりませんでした。買い方の抵抗にもあいながら、少しずつ下へ押していく感じで下落していきました。

結局、下げるほど加速していき、日足の上昇トレンドラインも抜けるということに。あー、エントリしておけばよかったよ。。大きく動くチャンスなのだから、こういうところでリスクを獲って攻めないとだよな。

まとめ

MAの並びが真逆だと怖くてエントリできない。だけど、今日のこの2回、昨日のUSDJPYの下げもそうだった。下位足のMAの並びはあまり気にしないで攻めた方が良さそうだ。明日からそれで行こう!

今回のEURUSDはいいところまで見えてた。経験不足で躊躇して入れなかったが、次回こそ。頑張ろう。