2019年5月21日見送り3件

またいくつか見送ってしまいました。

反省材料として残しておきます。

USDJPY

1時間足
15分足

本日1回目のトレードを終えた後、1HMAタッチからの反転を見送りました。

4時間足では上昇5波動目です。終わる可能性あり。頭はまだ距離あるが日足MAが下降してきている。

1HMAに対してグランビル第3波がかかる局面。

反発ラインの節目はOK。

15分MAが1HMAに収斂して拡散する態勢。

安値切上ライン(上昇トレンドラインではない)にタッチしたタイミングでの上昇は〇だった。ただ、下降トレンドラインはまだ遠く、気がかり。

日中のトレードで高値更新できずに終え、分かりやすい節目で止められた。4時間高値切下げが見えつつあったので、売り圧力が気になり、伸びる気がしなくて入れなかった。

1HMAに対するグランビル第3波の形としてはキレイなので行くべきだったか悩ましい感じでした。

まだ4時間足高値切下げが確定したわけでもないんだから、恐れず、機械的にいっておくべきだったような気がする。

(追記)4時間足高値を超えてドカーンといきました。また獲り逃した…。もうあまり悩みすぎず、負けを怖がらず、いっとこうぜー。

EURUSD

1時間足

4時間足は下降トレンド中。先週日足でも見ていたが、もっと下げていいと考えられる局面。(でもなぜか下値が固いんですけどね…)

1時間足は上昇トレンドに入り、Wトップをつけて下落転換したところを見送った。

1HMAは4HMAに収斂から拡散の体勢。

このエントリ局面が日本時間日中で欧州オープン前。前回欧州オープン前に入ってLCくらっていたので、入る気になれなかった。だが今回は欧州オープン前にジワジワと下げていった。

欧州オープン前にトレードするかどうか悩ましい。。

でも、師匠はオープン前でもエントリしてたよな。

次からは欧州オープン前でも整えばいっとこう。データを溜めて勝率悪いようなら改善を考えよう。

AUDUSD

4時間足

ここ数日、強い下落トレンドが発生中です。

ドン安値から戻しが入って4HMAを超えてきていた。ただ4時間足はまだ安値を切り上げておらず、上値も分かりやすい節目で抑えられていた。

ここから、もう一度4時間足で安値を叩きにいくことが十分考えられた。

1時間足

入るとしたら、Wトップのネック抜け。

ただ、このポイント、4HMAが勢いをなくしつつあり、1HMAが4HMAの上にある。

4HMAが受けてきて、1HMAが4HMAに収斂から拡散というのもイメージされ、怖い。

ダウは整っているが、MAが気になってエントリできなかった。

ここも機械的にいくべきだったのか?

4時間足でも高値切下げがはっきり見えているのだから、いくべきだったかな。4時間足で高値切下げやWトップが見えてるときは、ほとんど走るような気がする。次からはこういうのを機械的に行くようにしよう。負けたら、そのデータを集めて改善ポイントを探った方がいいな。