2019年5月25日先週の振り返り

先週もダメトレードを連発してとっても疲れた1週間でした。

トレード結果は3勝3敗1分でしたが+20pips。

損小利大のおかげで、勝率悪いけどプラスになってホッと一息。

ダメトレードを排除できれば、もっとマシになるはず!!

今週は重要な反省ポイントが目白押しです。

反省ポイント

走った後(大きく動いた後)の対応を画一化せよ!

非常に重要なポイントです。

「これで成績は大きく改善するんじゃないか?」と期待しちゃいます。

AUDUSD1時間足

黄色〇は私が実際にエントリしたポイントです。

大量の往復ビンタに見舞われております…(汗)

1時間足のWトップは「転換の一種」と考えることができるのだが、この考え方の弊害が大きいと思う。今回のような高安値圏でもみ合いが発生すると往復ビンタに合いまくる。今年前半に勝ち分を全て吹っ飛ばしたのもこれが原因だ。他にも同じような目にあった過去の記憶がよみがえる…。このトレードは封印すべきだ。

考え方を整理します。

自分は1時間足トレードです。狙うべきは1時間足の転換です。

転換でエントリしたら、図では切れている左側のところで既にポジションを持っているはずなんです。

で、最初の黄色〇のところは、ポジションを持って安値更新するのを待っている段階。こんな所でエントリするのは遅すぎる、ということです。

次のエントリを考えるのは、1時間足が高値を超えて上昇転換した後、下落転換してくるところです。それが4つ目の黄色〇です。逆に4つ目の黄色〇は「躊躇するな!エントリしろ!攻めろ!」です。「抵抗が近い?悩むな!4時間足の戻しからの反転なんだから、ここで入らなきゃ、いつ入るんだ?」という場面です。メリハリをつけて、「無意味な所はトレードしない。可能性あるところはトレードする」を徹底すべきだ。

3つ目の黄色〇は早すぎる。下落転換してないし。1HMAを割ってきた、というのがエントリしたくなる要素ですが、1時間足では上昇ダウ中なので、図のように安値切上てくるのがセオリー。焦りすぎ。

「セオリー通りの動きをせずに、走ってしまうんじゃないか?獲り逃したくない」という焦りも感じてました。この考えは捨てた方がいい。「セオリー通り動くところをトレードで獲っていく。全ての値動きを取ろうとすんな!」を意識しないと。でないと、、

「図の値動きは完全にセオリー通りですよ。なに振り回されてんの?」

というアホな状況に陥ります。

もし仮に、3つ目の黄色〇の後、そのまま安値更新して下落していったとしたら、「それは自分が獲るべき動きではない」というだけ。ほっときゃいいんだよ!

4時間足転換は4HMAを意識せよ!

AUDUSD1時間足(さっきと同じ)

2つ目の黄色〇が問題のエントリです。

MAの表示を消してしまえば、確かに4時間足でもWボトムに見えます。そう考えて「転換だー!」とエントリしてるわけですが、これが間違い。

4時間足の転換を考えるときは、4HMAへのタッチからの再下落が安値更新できなかった時です。

4HMAタッチ前の、安値へのつっつき(Wボトム)は4時間足ではWボトムと見なさない。価格のブレにすぎない。

なので、転換としてエントリできるのは、図の右側で安値更新できずに1時間足が反転してくるところです。

1時間足手仕舞いは確実に!

ドル円1時間足

図の黄色〇が1時間レベルとして手仕舞いしてしまった場所です。

これ間違い。1時間足のダウの前回高値は黄色ライン。そこを超えるまでポジションを握ってないとダメ。

「4HMAから乖離してるから終わるんじゃ?」「1HMA超えて受けてきそうだから終わるんじゃ?」

そういうあてにならない感覚は捨てろ!機械的にやるっきゃない!

今回ので、4HMAから乖離してようが、1HMAが水平になって受けてきそうになろうが、「走るときは走る」というのがよく分かったよね。

これができないと、「次の下落をどうやって獲るのか?」という不毛な悩みを抱える羽目になります。

次の下落は簡単そうで難しいっすよ。下値のサポートがかなり近いのでエントリするにはリスクが高くなってしまいます。このドル円は抜けましたが、今週のAUDUSDは何度も試して抜けなかった。「どういうのが抜ける動きで、どういうのが抜けない動き?」そんなの誰にも分からん。運でしかない。だからできるだけリスクを抑える方法が必要。その方法が「上の方で持ったポジションをずっと握りしめて高みの見物をする」だよね。

まとめ

今週は本当に重要な反省になったと思う。

今まで相当ブレたトレードをしていたなというのを感じる。

別に新しい何かを発見したわけではないんだけど。ベースの考え方が相場に合わせて洗練されてきているという感じ。

この考え方を肝に銘じて、来週からも頑張っていこう!!