2019年5月28日USDJPY(ー)

今週1発目のトレードです。16:10頃のエントリ。

昨日月曜日はチャンスなし。やっとチャンスきた。

日足
日足拡大

日足では安値更新から戻しを作って、日足MAタッチからの下落再開。下落の値幅が深くて、直前の上昇に対する押しの可能性はなくなっている。直近安値を叩きにいく流れ。

4時間足
4時間足拡大

下落ダウ継続中。

4HMAと下降トレンドラインが迎えにきて、下落再開かという局面。

直前の下落の更新幅が小さくなってきているが、その直前の大きな下落の余韻で下落したと考え、まだ勢いが衰えたとは考えない。

1時間足
1時間足拡大

今朝の段階ではきれいにWトップを作って、下落開始というのも狙っていたが、意外な事に高値更新。

それによって、下落の環境が整うまでに夕方まで時間がかかってしまった。

ただ、そのおかげで、4HMAと下落トレンドラインに明確にタッチしてきたので、戻しとしては十分すぎる状況。

逆に言うと、戻しも強くて、殴り合い。ちょと怖い感じもある。が、買うことはできない。4HMAタッチからもう一度安値を試しに行くのがセオリーだから。それで安値更新できないとなって初めて買いを検討できる。

1時間足では上昇ダウから、下落ダウ確定(高値切下げ・安値切り下げ確定)の所でエントリ。ただ、高値切下げが1時間足では認識可能だが、ちょと時間が短い(短期的な)感じはある。どうだ?

節目的には、ちょい弱め。水平というよりも、4HMA、トレンドラインが押さえてるような感じがする。

1HMAは4HMAに収斂して拡散できる状況。

ちょと損切り幅が大きいので、4時間足直近安値までのリスクリワードは1:1程度しかない。pips的には15pipsあるので、反転してもどうにか逃げられるかな。見送る必要はなかろう。

15分足
15分足拡大

欧州時間に入って動きが激しくなってきた。

エントリ時は15分足でも10pipsくらい直球で大きく下げている途中なので、エントリ直後に大きく戻す動きも考えられる。まだ殴り合いの様相だし。ただ、この安値を抜けてしまえば、買い勢力はだいぶ落ち着くはず。しばらくは下落の圧力が続く。ちゃんと直近1H高値をLCに守って下げるのを待とう。

トレード結果

5分足

建値撤収で終わり。

4時間足直近安値まで割ったのに、15分MAで1度も反発できずに建値まで戻ってしまった。

15分MAを超えて、15分MAが受けてきてしまったので撤収です。

つけた安値は水平的にサポートされておらず、なんだか中途半端。安値更新もしてるのでもう一度下を試していいところだが、一旦手仕舞いして様子を見る。

残念でした。また次だ。