2019年6月14日GBPUSD(×)反省あり

今週ラストのトレードだ。

今週まだ1勝もしていないのね…(汗)

15:05頃のエントリです。

日足
日足拡大

ダウは不定。大きくは下落ダウの戻し。

高値はWトップ。

安値の切上ポイントを作ってくるか、という局面。

日足MAにからむ動き。はりつく値動きで、日足MAの勢いもなくなってきているので、抜けることも十分考えられる。

4時間足
4時間足拡大

ちょいイビツで分かりにくいが、下降ダウから、高値更新し、安値を切り上げてくるか(上昇転換するか?)という局面。

4HMAは水平気味。日足MAの上にあり、日足MAに収斂してきている。ここからの上昇拡散も考えられる。もちろん価格が下落しデッドクロスもありうる。

安値切上を考えている価格は過去の安値のライン。上昇するならここら辺が底になると考えた。

1時間足
1時間足拡大

下落ダウ中に、5波動目でWボトムを作ってくるかという値動き。4時間足の安値切上となりうる安値で、1時間が安値を切り上げようという動き。転換を狙える局面。

1HMAは水平。

損切りラインの安値は節目になっている。割らずに死守してください(祈)。

15分足
15分足拡大

15分足の上昇転換でのエントリ。

ポンドは不慣れで、市場オープン前のエントリが若干不安ではあるが、整ったのでエントリしました。荒れても安値を割らずに上昇してください。。

トレード結果

15分足

瞬殺…

反省会

完全に見立てを外した。

「見立ての方法がマズイのか?」と考えたが、仕方ないような気もする。

日足MAを超えていくシナリオを考えるのは問題じゃない。転換のシナリオが見えたので、一番早い15分足(5分足)での転換から狙いにいった。それはいいじゃん。

外したら今回のように損切りすればいいんだし。仕方ない。

問題は「売りのシナリオ」を考えてなかったことだ。

理由は、

1時間ダウが下落ダウを続けていたことから、1時間上昇転換を狙うことしか頭になかった。

売りシナリオを立てたとしたらどう見えるのか?

4時間足(結果見えてます)

ダウは上昇ダウから直近安値を割って不定状態。

4HMAタッチの高値が高値切下げポイントになるか?という局面。「安値更新して下落ダウ確定できるか?」というのが興味のポイントになる。

1時間足

下落ダウからWボトムを作ってきた。転換するか?という局面。

結果的には、1時間足の転換にもならず、Wトップを作ってネックを割ってしまった。

「この安値を割ったらどうなるのか?」を考えていなかった。Wトップを作って短期的に上昇転換を否定するということが思いつかなかった。

節目は後から見れば、とても分かりやすいものになっていた。後から見れば…。

一番のポイントは、こうやって「ダラダラ下げて、ドスンと落ちる」という値動きのイメージを持っていないことにある。

ある日のドル円1時間足

これも似たようなもんか。ダラダラ下げて、ドスンと落ちる。これは取ったな。

反発すべきところで反発できずにWトップを作ってネック割れた。

それと同じように考えればいいのか。

今回自分は買いエントリしていた。つまり「上昇するならココ」というタイミングだった。それがWトップで否定されてネック割れしただけ。

あと、1時間足チャートから4時間足の動きを考えると、大きく下げて、価格の値動きが収斂し拡散していくのが分かる。このイメージで見れば、収斂の位置的にもMA的にも下を狙いたくなるべきだった。大きく動いた後の典型的な3波動調整の戻し目でしたね。結果論でしか言えないのが辛いけど。ただ、こういうジグザグをイメージして見るのいいね。

1時間足に4時間ダウ

ダラダラ下げてドスン

「ダラダラ下げてドスン」という値動きのイメージを持っておくことが大切だ。

「売るなら、どうなったら売れるのか?」のイメージを持っておこうぜ。

しかし、、、あまりの下手さに、元気なくす…。