2019年6月27日EURUSD(○)

朝9時頃の売りエントリです。

いつもよりもエントリタイミングが早いです。時間も欧州オープン前の日本時間ということで早いですが。

理にはかなったエントリだと考えているので、ギャンブルトレードにはなっていないはず。

(しかし、ドル円吹きあがってるなぁ。。手に合わない。。)

日足
日足拡大

上昇ダウ中。

日足MAが週足MAにゴールデンクロスしてきて、上昇する気マンマンです。ただ、かなり上昇して日足MAとは乖離ある。深めの押しも考えうる局面。

浅い押しで終わって再上昇するのか、深めの押しを作ってくるのか、どちらのシナリオも生きてます。

4時間足
4時間足拡大

上昇ダウ中ですが、高値を切下げてくるか?という局面。もちろん上昇ダウ中なので、このまま上を目指すというシナリオも生きてます。

4HMAはやっと水平になってきた。

昨晩はこのユロドルにやられました。上昇するかと思いきや失速。15分MAも全く支持できずだった。もう買いは入ってこない、という印象が強い。

1時間足
1時間足拡大

売りエントリの根拠はこの1時間足にある。

昨夜の上昇で上昇ダウを確定させたが、今朝の段階で高値切下げポイントを作ってきた。(15分足が下落ダウ転換したので、1時間の高値切下げが見えてくる。)

ダウ的には4時間足転換を狙った5分足最速の売りポイントである。いつもの私なら、1HMAも下抜けて、1時間足ダウが下落転換するところでエントリしている。5分足転換が、1時間足の下落転換につながらないリスクがあるからだ。

頭はネックラインの節目で押さえられた。これはかなり好印象。

1HMA、4HMAは上向きではあるが、4HMAはほぼ水平になっている。1HMAも上昇中だが、4HMAへ収斂して下拡散のシナリオを狙っている。

一度1HMAタッチから反発上昇して、その上昇が全く高値更新できずに下を向いてきたので1HMAを抜けやすい。抜けるときのセオリーに従っている。(もちろん、支持されて上昇するリスクもある。)

小さな安値切り上げラインも下抜けるタイミングだったので、それも後押し。

以上のような根拠で、今回は5分足でエントリした。

ただ、下げるには多くの障害が待ち受けている。

・15分MAに受けられてしまわないか?

・1HMAを下抜けられるのか?

・1時間ダウを下落転換させられるのか?

1時間ダウの下落転換までいけば、一安心だろう。1時間足以上の売りが入って下落しやすくなる。

あと、欧州オープンでの反応も心配。大きく逆に振ってくることがあるので、それに耐えられるか?素直な動きを期待する。。

15分足
15分足拡大

15分足でWトップからのネック割れが認識できる。上昇ラインも同時に下抜け。そこで売りエントリ。

下には15分MAと1HMAが待ち構えてますよ。。

5分足
5分足拡大

5分MA、15分MA、1HMAは上昇の並び。これも崩していかないといけない。

早いエントリって、障害多いですねぇ。。

損切り幅を抑えるという利点は魅力的なんだが。。

環境認識を誤ると、損切りの嵐に見舞われるリスクも高いし。

トレード結果

最後はやばかった。。どうにか利益残せた。

15分足

4時間安値付近で半分決済。

残りは4時間下落転換を期待して1時間足トレードにしようと思って建値にLC置いていました。が、欧州オープンの16時丁度に大爆発上昇。建値決済となってしまった。。うーん、、欲張らず15分足トレードで決済すべきだったのか。。。4時間足の安値抜ける流れだと思ったんだけど、うまくいかないな。

しかし、相変わらず満足いく利益が獲れないなぁ。損益率が1を切っちゃってる。。こんなんじゃ勝てん(涙)