2019年7月15日USDJPY(×)

2019年7月16日

22:30頃の売りエントリです。

日足
日足拡大

上昇ダウ継続中の押し目。

押しは深いが上昇ダウ中であるため、日足レベルでは買いが入りやすい局面。そういうリスクはある。

ただ、日足MAは水平から若干下向きで、価格は日足MAの下に位置している。直近安値を叩きに行く動き(転換を狙った動き)を狙う。

4時間足
4時間足拡大

下落ダウ中の戻しからの再下落を狙う局面。

4HMAは頭を押さえてきている。4HMAが日足MAにデッドクロスできるかどうかという局面。

節目は若干弱め。

下落3波動目でほとんど安値を更新できなかったのはリスク。ただ、その割に戻しが弱く、下位足(1時間足)では転換の動きというより、下落継続の可能性が高いため売りエントリした。

1時間足
1時間足拡大

下落ダウから安値更新できずに戻しが入った。

1HMAも勢いを無くし受けてきそうな状況なので、上昇転換も考えられる局面である。しかし、頭をキレイなレジサポで押さえられて、15分足が下落転換。これにより、1時間の高値切下げポイントが見えてきた。

上昇転換に失敗しての下落継続の動きを狙う。

ただ、下値は直近で何度もサポートされている価格帯で距離が近い。微損では逃げにくい場所ではある。。

15分足
15分足拡大

15分が下落転換し、同時に受けてきそうになっていた15分MAを下抜けてきた。この動きで1時間の上昇転換に失敗した可能性が高まる。

5分足
5分足拡大

トレード結果

ぎゃー。やられた。

15分足

サポート帯の直前でのエントリが敗因か?

15分転換でなく1時間転換を待つべきだったか?いや、サポート帯の直前だからこそ、早めのエントリが必要だよな。

それとも、これは「走った後の安値圏でのもみ合いをつまんでしまった」という事かな。うーん、でも4時間足で戻しを作ったように見える。下位足でも戻しが弱く終わったという事も確認しているし、そうではないか。

走った後だけど、4HMAが日足MAにデッドクロスする動きを狙ったということならアリ。でもデッドクロスが確定するのはまだ10時間以上先か。その視点では早すぎる。

リスクはちょい高めだけど、走る可能性も十分あって、アリなトレードだったとも思える。

この負けはやむを得ないか。

また週末に振り返ろう。