2019年7月27日 今週の振り返り

今週は1勝1分け。+19pips。

十分にトレードを絞り込んだ結果、今週もプラスで終えられた。損失を最小限に抑えるという目標に沿った結果にも満足。

その一方で、「もう少し獲れたんじゃないか」という欲も出てきてしまう。「損失を抑える」の次の段階として少し考えてみよう。

やっと3週連続プラス 希望の光

5/13~17 1勝4敗4分 -29pips

5/20~24 3勝3敗1分 +20pips

5/27~30 3勝3敗 -46pips

6/3~7 1勝1分 +15pips

6/10~14 0勝3敗6分 -31pips

6/17~21 1勝2敗1分 +17pips

6/24~28 2勝2敗3分 -9pips

7/1~5 3勝2敗1分 +27pips

7/8~12 ノートレード

7/15~19 2勝4敗 +50pips

7/22~26 1勝1分 +19pips

ブログで記録を付け始めて、一進一退の状態から3週連続プラスとなった。トータル収支もようやくプラスに転じた。

全体をみると、

 勝率:55%

 損益率:1.11

です。この成績は不満。勝率も損益率もまだまだ。

直近4週間の成績は、

 勝率:57%

 損益率:1.69

です。

最近、良くなったように見えるのは、損益率が改善したから。

つまり、「20pips以上の勝ちをそこそこ獲れた」ということ。

勝率の悪さはまだまだ改善必要。

もっともっと負けないトレードに絞り込め!

そして「週間ではほぼ負けない」という成績を目指せ。

「10週のうち9週はプラス」が目標だ。

そして、

「月間+50pipsが安定して出せれば十分!」ということも忘れんな。pipsを稼ごうと焦ってトレードする必要なんてない!安定させられれば、ロットを張れば、いくらでも金額は稼げるんだから。

4時間足でのトレードも視野へ

1時間足ではタイミングが取れずに入れない。

そういった場面が今週は多かった。

4時間足ならタイミング取れるのだが、損切り幅が大きくなるため、これまでそういうトレードはしてこなかった。

でも、ロットを落としてやればいいと感じた1週間だった。

具体例で振り返る。

USDJPY

4時間足

もしこれが1時間足のチャートだったら、迷わず黄色〇でエントリしているだろう。

しかし、これは4時間足のチャート。損切り幅が大きすぎて見送ってしまった。

でもでも、損切り幅に合わせてロット落として入ればいいだけじゃん。

AUDUSD

4時間足

4時間足での転換確定の黄色〇が絶好のエントリポイント。

チャートの最高値は週足レベルの下降トレンドタッチであり、強い抵抗になりうることは見えていた。

4時間足での2つ目のトップの中は、1時間足でWトップとか高値切下げがなく、一気下げになってしまっている。そのため、1時間足ではタイミングが取れなかった。

でも4時間足なら普通に入れる。そのまま持っていれば100pipsにおよぶ下落に乗れたところだ。

もったいない気がしちゃうよね。ここもロットを落として4時間足で入ればええやん。走った後は1時間足トレードで手じまう感じで

EURUSD

4時間足

これも4時間足での転換。もったいない。

ちなみに1時間足チャートがコレ。

1時間足

最安値辺りが強いサポートになっていて、距離がなく、下位足でエントリするにはリスクが高い。最安値を割ったところで入りたい。でもそれだと4時間足でのエントリになるため、損切りは4時間足で考える必要がある。

こういう下位足で入りにくい場面も4時間足なら、細かいこと気にせずエントリできる。4時間足だけ見てれば、十分整った局面だし。

GBPUSD

4時間足

Wトップからのネック割れ。

これも売りポイントではあるが、損切り幅が50pips!

日足でも安値を切り上げてきているので、リスクが高い場面でもある。

ま、ここはリスク高いので見送りだね。

1時間足

これはその部分の1時間足。

4時間足転換を確定させた後、1時間足で小さくWトップからのネック割れ。4時間足の高値切下げポイントになった場面。

売りポイントではあるが、

・4時間足直近安値が抜けられるのか?

・日足で安値を切り上げてきている

が気になる。

結果的には日足レベルでの3波動調整から、日足レベルでの下落再開となったが、さすがに日足でエントリというのはやらんなぁ。

4時間足でのエントリも厳しいし。

そうなると、1時間足でキレイにWトップを作ってきたわけだから、損切り幅も抑えられるし、リスクを飲んだ上でトレードするというのも考えの1つだね。

もっとも、「負けないトレードに絞り込め!」という今の目標からすると、このポンドの局面は見送りが無難ですがね。

まとめ

「1時間足でタイミングとれなくても、4時間足なら取れるじゃん。」

というのは新しい発見だ。

これまで1時間足でタイミング獲れずに指をくわえて見てるだけ、、、という事も多かったが、少しは手を出せるようになるかな?

もちろん、4時間足で入るのだから、日足レベルで走る可能性があることが前提。確認を怠らないように。

まとめ

トレードを本気だけに絞り込むことで、実行したトレードに対する反省はないね。

手仕舞いでは「あたふた」する場面もあったが、

まぁ、

「エントリで方向さえ間違えなければ、手仕舞いがちょっとくらい下手でもいいっしょ。完璧な手仕舞いなんて(ヾノ・∀・`)ムリムリ」

と感じてきた。

さぁ、来週も本気のトレードに絞って、週間プラスを目指すぞ!頑張ろう!