2019年9月7日 今週の振り返り

今週もヒドカッタ。

成績もヒドカッタが、それ以上にメンタルがヒドイ。

1勝2敗2分 -10pips

それ以外に…

リベンジトレード多数 -56pips !!

終わったな…。

リベンジトレードが止まらない

フラストレーションが溜まりまくりのせいだ。

要因は?

『本来のトレードで資金が増えない。一進一退でトントン』

ここ数か月、真面目に復習しているつもりだが、成長が実感できない。

『底から押し目をつけずに一気大上昇、は今の手法で取れない…』

どの通貨もものすごい上昇となった一週間でしたが、4時間足の押し目をつけないので何もできない…。なかなか辛いものがある。

『本来のトレードチャンスがないと、時間を持て余しすぎる。時間がもったいない。』

もっと練習したいのに、機会が少なすぎる。

『総じて、うまくいっていない。進歩していない。行き詰まりを感じている。これが全て。』

これから、どうしよう?

本来のトレードは…

これまでのように、失敗トレードから学ぶ、という事は続ける。

そして、FX講座の受講を決めた!

FX講座は初受講。我が師匠の師匠の講座。

今の手法は師匠の無料動画から独学で盗んだものだが、お金を払う事を決めた。2日間だけの講座。

自分に足りないのは何か?

お金を払ってでも、気づきを得よう。

リベンジトレード(短期トレード)は…

止まらんね。

もう止めないから、やるなら本気でやれ!

(短期トレード=1時間の押し戻し狙いのトレード。)

現時点のリベンジトレードは、適当に感覚でやってしまっている。

冷静に考えてみると、短期トレードとはいえ、

「トレンド方向へ1時間足の押し戻しを待って5分足でトレードする」

しかない。4時間足の押し戻しを狙うよりはチャンス多いが、それでもチャンスが頻繁にあるものではない。

真面目に取り組んでみることで、狙うべきでない局面も見えてくる。

そうなれば、狂った感覚トレードも抑止できるのではないかと。

また、練習機会も増える事になろう。

1時間足押し戻し狙いも、4時間足押し戻し狙いもやることは同じ。でいいはずだから。

成績も分けてつけよう。トレード記録も区別がつくように。

『手法は増やすべきでない。一点突破を狙え。』

という言葉もあるのだが、

手法は同じで時間軸を1つ落としたトレードを増やすだけ。

本気でやって短期トレードで勝てないと分かれば、リベンジトレードへの抑止力となろう。

ということで、

やるのであれば、記録を残して、成績も記録して、本気でやれ!!

売るには遅い!この気づきは超大事だぞ!

今週のドル円の1時間足

1時間のジグです。

緑□のところで売りました。

ここで売るってことは、第7波狙いっすよ!

遅すぎるにも程がある!!

ということだね。

直前の上昇でほぼ高値まで戻しています。これだけでも、1時間の下落ダウが終焉を迎えるという兆候と考えるべきだ。

が、私はこれをWトップと考えた!!

これが問題なんだな。

下落ダウの終焉で見えるWトップは最後のアガキだ。ここで売っちゃいかん!!!

そして緑□で買ってもいますが、その上昇は高値を超えられずにWトップを作った。

このWトップは売れ!

上昇ダウに転じようとして失敗したわけです。

上チャレンジが終わって、下チャレンジの番。

ここ、非常に大切だぞ!

ここが見えてないんだ。

分かってるようで分かってないのがコレだ!!

ピンク□で売りました

だから遅いんだよ!!

第5波狙いになる。その意識が足りない。

第3波がしょっぱい安値更新で終わってる。

「4HMAが日足MAに収斂して拡散」というシナリオが残っていて、だから直前で下げ幅が小さい、買われ直されやすい。

そういう事も考えれば、この5波を狙うのはイケてない。「走って欲しい」という期待トレードになってしまっている。

オレンジ□で売りました

同じく、

下落ダウの終焉で見られる最後のアガキのWトップで売ってる。

1HMAが勢いを無くしているところからも推察できる。

もし、この後さらにトリプルトップでも作ってきて、1HMAが小さく波打つようなら、上昇チャレンジ終わりと考えて売るのはいいだろうが。

まとめ

最初はリベンジトレード中心に反省していたが、

後の「遅すぎる!」と気づきはポイント高いぞ!!

新しい理論でもなんでもないんだが、実際の自分のトレードでは全く意識されていないじゃないか。

「Wトップを見たら売れ」と単純化しすぎていたのかな。

来週は常にこの視点で見て、頭に焼き付けよう!!

(振り返りをすると、前向きになれるのが、唯一の救いだな。。ガンバろう!)