2019年9月12日GBPUSD(×)

毎度というかメンタルが壊れてトレードしていました。。

ダメっす。やっても負けを増やすばかり。。

メンタルの問題というよりも、トレードというものを理解していないとしか思えない。

いろいろチャンスに見えてしまうんですよね。

そこがオカシイ。

トレードを分かっていないから、どこでもチャンスに見えてしまう。

結局、下手なんすよね。

私のやり方だと、エントリ後に走らないと負け。走る前にLCにかかれば負け。

走る可能性のある局面をしっかり理解できていない。もしくは、ダウの見方が変。できあがったチャートでつけるダウと、リアルタイムでつけるダウが違う。よくやるのが、短期のジグを見すぎてしまう、というところ。ゆったりとダウを見れていない。

LCにするラインは強固なものでなければならない。それが1時間足以上の節目。それを支えにしっかり守らないと、LCにかかりまくって損切貧乏になってしまう。

ブレイクエントリなのでブレイクラインも重要なのだが、できれば反対勢力が損切してくるようなラインがいい。

そんな事を考えながら落ち込んでいたら、

ものすごくキレイな局面に出会ってしまいました!!

「ここでエントリできるのなら、負けて散っても後悔はない。」

恐ろしく整った局面です。

もはやトレード結果はどうでもいい。

この素晴らしい局面を記録しておこう。

そして、これこそが待ち焦がれていた局面だ!!

日足
日足拡大

高値更新し下落ダウを崩してきた局面。

その上の方で、前回高値に「よいしょ」と乗っかって、安値切り上げポイントを作ってくる動き。

節目として完璧。

唯一の心配は、大きく走った後で押し目をつけていないという点のみ。

4時間足
4時間足拡大

上昇ダウの5波目が高値更新できず下げてきたが、ここでWボトムを作ってくるかという局面。

「上昇の最後のあがき」ともいえる場面。割ったら沈む。

4HMAは勢い余って上昇中。水平と同じ扱いだろう。

1時間足
1時間足拡大

下落ダウ中だが、Wボトムを作ってくるかという局面。

1HMAは4HMAにデッドクロスして、下有利ではある。弱々しい上昇だと1HMAが4HMAに収斂して拡散というシナリオになってくる。上昇するなら力強い上昇が欲しいところ。

15分足
15分足拡大

1時間足のWボトムの2つ目のボトムで、15分がWボトム。

5分足
5分足拡大

15分足のWボトムの2つ目のボトムの中で、5分足がWボトムからのネック抜けでエントリ。

まとめると、

4時間足のWボトムの中で1時間足のWボトム、その中で15分足のWボトム、そして5分足のWボトム。

こんな教科書に載っているような局面があっていいんでしょうか。。?(笑)

負けても本望です。

トレード結果

エントリ直後こそ勢い良かったものの、この記事を書いている時点は含み損状態。

これで負けるのか?負けちゃうのか?

はてさて、どうなることやら。

5分足

まぁこんなもん。。

欧州政策金利発表(★3)があって、ユロが大下落始めました。ポンドはまだ踏ん張っているんですが、ヒゲで狩られてしまった。黄色の下にLC置いておけばよかったか。。

政策金利なんていつも変わらんので指標を甘く見てた。なんで金利変化しないのにこんなに動くんでしょうねぇ。。謎だ。祭りなのか?