タイ専用!?氷ディスペンサー付き冷蔵庫(R-M600AGP4THX)

もう2年前に買った冷蔵庫のレビュー記事です。

清水の舞台から飛び降りる気持ちで買った冷蔵庫でしたが、

買って正解だったと満足しているので記事にしました。

日立製の冷蔵庫

きったない部屋ですみません…。

冷蔵庫の前面がミラー仕様のため、お部屋が丸写りですね。。(汗)

最大のおすすめは氷ディスペンサー!

日立製の冷蔵庫なのですが、日本では見ない機能です。

常夏のタイならでわの機能だといえます。

コップをあてがえば、氷・粉砕氷・水のうち選んだものが出てくるという優れものです。

この機能が、この冷蔵庫の購入動機でした。

暑いタイで帰ったときの至福の1杯

暑い毎日なので、氷水がマジでうまいです。

手間かからずに氷が使えるというのが文明の力ですねぇ。

幼い子供でも自分で氷水が入れられる!

うちは子供が3人ですが、4歳の子供でも自分で氷水がいれられるんです。

購入前はここまで予想していなかったんですが、便利すぎます。

2つめのおすすめポイントは、高級感

冷蔵庫の機能としては、、普通ですw

あげるとしたら「高級感」しかないのですよね。

タイ人は高級感を好むので、ある意味「タイ仕様」です。

前面ミラー

前面はミラーと模様の2つのタイプが選べます。

うちはミラーを選んだのですが、まぁ、女性は便利だと思います。

タイのコンドミニアムのお部屋は狭いので、広く見せるために、なんでもミラー仕様が多いですね。

高級感もありますし。

前面ミラーに浮き上がるメニュー

普段は完全にミラーなのですが、冷蔵庫の前に立つと、メニューが浮き上がるんです。

浮き上がるメニュー

冷蔵庫の前に立ったときにミラーに浮き上がるメニューです。部屋を真っ暗にして撮影しました。

タッチして使う感じです。

こんなの日本でも見たことない。というか、こんな高級冷蔵庫、使ったことないし…。

このメニューの「白いライン」は触るとドアが自動で開くという、普段全く使わない機能まで搭載されちゃってます!!

なんだかバブル時代の車の装備を思い出しちゃいますね。。4WSとか、自動で速度を維持する機能とか、なくてもいい機能が満載でしたもんね。懐かしい。

以上、おススメポイントは2つのみ!(笑)

残念な点

致命的なモノではないですが、使い倒すと不満はありますよね。

製氷が追い付かない!

うちは5人家族です。平日は子供3人は学校です。

すぐに氷切れしちゃいますよ!

正直、切実な問題です。

感覚的ですが、今の3倍以上の製氷速度が欲しいです。

それくらい氷切れが頻繁に起きます。

結局、冷凍庫では昔ながらに氷を手動で作っております…

氷が一度満タンになると、しばらく製氷がストップしてしまう

数日家をあけたりだとか、あまり氷を使わなかったりすると、冷凍庫の氷が満タンになります。

あふれてしまうので、製氷がストップするのは当然の仕様なのですが、

氷が空っぽになっても、なかなか製氷されません。

製氷再開の判定がイマイチなんですかねぇ。。。

空になって翌日には製氷始まっている感じです。

たまに氷が排出されない

氷を出そうとしても、排出がうんともすんとも動かない時がたまに(1日1回くらい?)あります。

5分後にもう一度やると出ます。

これは仕方のない仕様なのか、バグなのか、不良品なのか、、わかりませんが。

まぁ、少し待てばいいだけなので、いいんですけどね。。

2年後に水漏れ発生→修理

氷や水をディスペンス(排出)するところから、少しですが、水がしたたるようになりました。

メーカーに見てもらったところ、排出口のパッキン劣化でした。

交換してもらって完治です。

以上、気になったのはこれくらいです。

製品情報と価格について

日立公式HPの製品ページはこちらです。

 

私は2年前に約10万バーツ(およそ30万円)で購入しました。

高すぎるだろ!!! でも、氷が出てくる冷蔵庫はこれしかない…。

コンドミニアムの部屋を買ったばかりなので、金銭感覚がマヒしていたようです。

 

ところが2019年9月現在は7万バーツで販売されてます。

ちょっと、、、買うのが早すぎたのかな・・・

 

さらに、ディスペンサー機能付きの安いモデルが発売されてます!!

そちらは5万バーツ以下で販売されています。

高級感を捨てて安くした感じです。

2年前にあったら、そっちの安いの買ってたし~。

 

でも、まぁ、満足してます。

幸い、致命的なトラブルもないですし、長く使っていきたいです。