2019年11月6日AUDUSD(-)

今週は手が出せない相場が続きますねぇ。

同日に、「トレンド終焉に手を出すな」という記事を上げました。その記事である局面でのトレードを禁止しようと書いてるんですが、今回のこのトレードは、その禁止にあたってしまうトレードになります…。

走った後のレンジ内でのトレードです。

ただ、「これはイケるでしょ!」と考える形になったのでトレードしました。

日足
日足拡大

上昇トレンド、上昇ダウ。

ただ、週足での下降トレンドにタッチしている局面です。ここは相当強い抵抗になります。というか、何も考えずに「売れ」という局面かもしれませんが。。

ただ、下位足の値動きで、「抜けるんじゃないか!?」と判断しての買いエントリでした。

4時間足
4時間足拡大

上昇トレンド。ダウ不定。

ダウが下落転換したが、日足上昇トレンドラインに支持されて急上昇。でも抜けずに急反落。でも再度、日足上昇トレンドラインに支持されて…。という局面です。

安値を切り上げて上昇ダウを確定させる動きになるか?と考えて買いエントリしました。

1時間足
1時間足拡大

めちゃくちゃレンジってますねぇ。。

こういう所に手をだすなよ、という戒め記事を書いたばかりなんですが、、、。

1HMAが4HMAに収斂から下拡散が失敗して、Wボトムを形成し、ネック越え。

「下はもうない!形もキレイだ!」

と考えて買いエントリしました。

4HMAが直上にいるけど、水平なので抜けやすいだろうと。

15分足
15分足拡大

急上昇からのネック越えとなった。

損切幅が大きくなってしまうが、この勢いは悪くない。

15分MAも1HMAに収斂から拡散体制。

トレード結果

全然あかんやん…。

15分足

建値で逃げました。。

エントリ後、5分MAも支持できず、15分MAも支持できないという始末。「これはアカン…」ということで、LCラインを待たずに、戻ってきたところで撤収しました。

ちょっとだけ反省会。

4時間足

上昇トレンドラインタッチからの急上昇で抜けなかったというのが致命的だったか。押しが半値で止まれば上を見ていけるんだろうが、押しが深すぎたか。

2度目の上昇トレンドラインに張り付いてたのもNGだったか。売り狙いもアリな場面でしたか。結果的に落ちてるし。

ただ、やっぱり「レンジ内で手を出すんじゃないよー!」に尽きるのかな。レンジ内の値動きだと上にも下にもそれっぽい根拠をつけられてしまいそう。