2019年の振り返り どん底!

もう1年が終わってしまうのか。早いなぁ。

今年は何度絶望を味わったのだろう?

一言で表すなら

「どん底」

という年になってしまった。

振り返っていこう。

成績の推移

2018年成績

これは一昨年(2018年)の成績。

ある意味、順調な成長が実感できて、希望に満ちていた年でした。

FXを始めてリアルトレードで練習を積み、8月、9月、10月で3か月連続プラスが出せました。

練習では2000通貨で取引していたが、一気に50万通貨に上げてトレードです。

11月は若干マイナスで踏ん張り、12月に相場に恵まれて80万円の利益が出ました。

「勝ち組になれた!?」

と錯覚するような出来すぎた年でした。

2019年成績

そして迎えた2019年。

2018年とは真逆に、絶望を味わう年となりました。

1月~3月で去年の利益80万円は吹っ飛びました。

その時の印象は

「全然勝ちが拾えない…」

という感じ。

原因は、私のスキル不足。

レンジ相場に対応できるスキルがなかった。(※4時間足レベルでのレンジ)

2018年はたまたまレンジが少なかったんだな。

それ以来、

「レンジでの負けトレードをどう避けるのか?」

を最大の課題として悩む日々が続き、いくつか回避策を考えてきた。

。。。

損失が100万円となった時点で、10万通貨に落とした。

練習時の2000通貨まで下げないというのが、

「取り返したい」

という感情の悪い虫が生まれている証拠(汗)

そして4月以降、どんどんトレードがぶっ壊れていった。

「今までのやり方では勝てないじゃん!」

「ドル円だけじゃ練習にならん!」→監視通貨を4通貨へ。

「ぐわー負けたー!スキャルで取り返してやるー!」

「損切幅が小さすぎるから損切貧乏になるんだ!広くしたる!」

「損切じゃー!ドテンじゃー!」

恐ろしい勢いで、それまで培ってきたトレードが壊れていく。

そして何をやっても勝てないという絶望感。

。。。

「こんなんじゃダメだ!もとに戻そう!」

と思って修正しようとしても、簡単に戻らない。

『戻そうとしてはぶっ壊れる』の繰り返し。。。

。。。

そしてこの年末になり、やっとフォームが元に戻ってきたかというところ。

書籍やYoutubeで「勝ち組トレーダーとはこうあるものだ!」を頭に再インストールしながら。

ただ感覚的には90%くらい。まだたまに悪い癖が出てしまう…。

。。。

2019年は相場にボコボコにされ、メンタル崩壊に伴いフォームを大きく崩し、もとに戻そうともがいた年。

2018年の初心者時代のフォームが正解で、そこから脱線し、もとに戻しただけという年…。

いや、

・スキル不足を痛感して、いろいろと対策を練れた。

・メンタルをぶっ壊すとどんなおぞましい結果となるかを身をもって実感。猛省した。

という成長の年と前向きにとらえよう。

。。。

成績も11月、12月はなぜかプラスになった。

フォームを元に戻せてきている成果だと信じよう。

。。。

ちなみに、2019年は150万円の損失でした。2018年の80万円の利益と合わせると、トータル70万円のマイナス。。ふぅ。。無職にこれはきっついぜ。

いつ勝てるようになるんだ?
いや、そもそも勝てるようになれるのか?

出口のないトンネルをさまよっているような感覚。

精神的には相当こたえる。

そのため、

「勝ち組トレーダーは勝てるようになるまで何年かかったのか?」

のか非常に気になる。

師匠は1年半。

Youtubeで配信されている方は、1年という人が2名。3年以上かかった人も2名。

ちなみに私は1年半経過。。。いまだお先真っ暗。

正直、1年くらいで勝てるようになると考えてた。自分なら成せると思っていた。甘かった。。

私は凡人だった。

。。。

トレードは長く続けていれば勝ち組になれるわけじゃない。

自分のトレードを修正し続け、成長・変化していかなければ、勝ち組になれるはずもない。

2019年はメンタルぶっ壊れたおかげで、スキル的な成長はわずかだったと考えられる。

メンタルが壊れてトレードがぶっ壊れてしまっては、負けから学んでトレードを修正・成長するという循環が回らない

2020年は負けても冷静にトレードを続け、負けから学んでいくという姿勢を貫くことが必須の命題だ。

ロットを下げられない

最近は1ロット(10万通貨)でトレードしている。

正直、勝てないのにこのロットは大きい。

理屈的には勝てるようになるまで最低ロットに落として練習を積むべきである。

なぜロットが落とせないのか?

「稼ぎが欲しい。もしかしたら勝てるかもしれない。その時、最低ロットでは利益がでない。」

さぁ、お前はどうするんだ?

。。。

勝てるようになった後でロットを張ればいくらでも稼げる。いくらでも取り返せる。

逆に2020年も損失を膨らませてしまい資金を減らしてしまえば、勝てるようになった時に資金不足でロットが張れなくなってしまい、「稼ぐ」という目的達成が遅れてしまうぞ。

自分は最低ロットでトレードしても負ければ十分痛みを感じる。(負け=下手くそ!と感じるから)

最低ロットならLCを恐れて「下位足の値動きで逃げる」ということが無くせる。負けから逃げるのではなく、負けを受け入れ、それを反省材料にしてエントリ精度を上げることに利用しろ!

そうか、ロットを上げるから「稼ごう」「取り返そう」という感情が沸きあがるんだ。ロットを下げれば、そういう感情からは解放されるじゃないか。いったんそれでフォームを完全に戻すべきだ。(またロットを上げたときに感情と戦うことになるだろうが。)

。。。

ロットは落とすしかないじゃん!!

早く成長したいならロットは落とせ!

。。。

落とそう。

そうと決まれば口座から資金抜いておこう。

目標設定

まずは3か月連続プラスを出そう!

全てはそこから始まる。

もう一度、初心に帰るんだ。

。。。

3か月連続プラスが出たらロットを上げて、「稼ぎたい」「取り返したい」という感情との闘いに移る。

ここは2019年の教訓を最大限に生かして乗り越えるべき課題だ。

もしそういった感情によりトレードが壊れそうになったら、即座にロットを落とす!OK?

。。。

焦るなよ。

2020年はフォームをガッチガチに固めることが目標。

本気で稼ぐのは2021年でいい!!

覚悟を見せろ!

トレードノート再開せよ!

しばらくさぼってた。

エントリかかると、チャートとにらめっこになり、記録する余裕もなくなっていた。

さらに、速攻で負けると、記録する気力が失われて。。。。

それアカンやろ!

負けトレードこそ、成長のための唯一の勉強材料なのに、それを捨てて、成長なんてあり得ない。

復活させるぞ。

最低ロットでやるんだし、記録できない原因は消えるわけだし。

まとめ

だらだら振り返ってきたが、よい気づきが得られた。

今の自分には、ロットを最小ロットに落とすことが必要だったんだ。

この数か月、なぜそれに気づけなかったんだろう。

これも感情の罠だよな。

でも、気づけてよかった。

1年という単位があることに感謝。

これも1つの成長だ。

頑張ろう。

自分が選んだ道なんだから、全然つらくなんてないよ。

むしろ、今の私はFXに専念できる環境にあり、これ以上ない最高の環境を得られている。

将来のことはもちろん不安だ。

でも、これが自分が選んだ道。

後悔はない。

自分で自分の歩む道を決められる。なんて幸せなんだ。

そもそも将来が保証されているようなサラリーマンの方が異質なんだ。

どんな動物も、明日、食べれるかどうかなんて何の保証もない。それが普通。

でも、もう後はないぞ。

背水の陣で成功に向かって突き進むしかない。

楽しそうだな。それ。

さぁ、やってやろうじゃないか!

人生、楽しもうじゃないか!