2020年1月3日USDJPY(〇)

新年1発目のトレードです。

9時すぎの売りエントリ。

日足
日足拡大

年末からの下落でWトップからのネック割れ確定。

ついに日足ダウが下落転換しました。さぁ、どこまで下げる?

ただ押し安値を割っておらず、かろうじて上昇トレンド継続中。

リスクとしては、日足での支持帯に近い位置で売るという点。Wトップからの売り方と、上昇トレンド継続を見込む買い方の攻防がおきやすい局面。

4時間足
4時間足拡大

年末12/30から下落を開始しています。

12/30は見ていたんですけどね。。年末で「動くのか??」というのが心配で見送りました。

直前の戻しからの下落は1時間足が高値切り下げなく下げたので何もできず。

そして今朝、かなり遅れた状況で売りエントリです。

4HMAは伸びきった状況でいつ戻しが入ってもおかしくない。

また、直前の下げは大きなヒゲで戻しています。日足レベルの支持にサポートされた形。次の下落は安値を切り上げてしまう可能性も非常に高い。

走らないリスクも大きく、

「これが負けないトレードと言えるのか?」

と、エントリにかなり悩んだ。

それでもトレードに踏み切った理由は、日足でWトップを完成させていた点。年末から値が軽いので、さらに下落する可能性も十分あるだろうと考えた。

1時間足
1時間足拡大

1HMAが4HMAへ収斂から拡散。

昨夜、高値切り下げポイントを作らずに下げたので、この状況が最初の高値切り下げポイントとなりうるところ。1HMAもまだ拡散を始めたばかり。その点では遅いとは言えない。まだ間に合う。

ただ、昨晩大きく下げてから大きく戻しており、ちゃんと安値を叩けるのか不安もある。

直近安値までは距離はあるので、安値切り上げても逃げられる可能性は高いとは思うが。

15分足
15分足拡大

15分MAが1HMAに収斂から拡散の形。

トレード結果

15分足

新年1発目で勝てるというのは縁起がいい。

安値を割って走ってくれたのは運が良かったというのもある。

金曜なので15分足で利食いして終わりです。今回の下げで日足レベルの上昇トレンドが完全に崩れたので、週末でなければ半分は1時間足で引っ張ってたかも。

失敗

エントリ後、少しだけ走った時点で、LCを建値に移動してしまった…。

「怖い。負けたくない」

やっぱりデモとは違う。

感情でルール通りできない。

今回は戻さずに走ってくれたから良かったものの、こんなラッキーは続かない。

エントリしたら潔く放置しようぜ。

逆に放置できるような局面でなければトレードすんなよ。

気を引き締めてトレードに臨もう。