2020年1月14日AUDUSD(×)※反省重要

16時頃の買いエントリ。

日足
日足拡大

上昇トレンド。上昇ダウ。

大きく下げたがWボトムを作って切り返そうとしている局面。

日足MA付近のため戻り売りも入りやすいところだが、まだ水平なので抜けやすいだろう。

4時間足
4時間足拡大

下落トレンド。下落ダウ。

価格的には戻り売りの局面ではある。

が、4HMAを上抜けて、4HMAまで押しを付けてきた局面。グランビル第3波がかかるところ。転換が十分期待できる。

もちろん中期MAが頭を押さえているので、次は高値を切り下げて下落というリスクもある。

足元は、直近Wボトムのネックラインと4HMAに支持され、押しとしては十分。反転上昇するならココしかない。

1時間足
1時間足拡大

下落トレンド。上昇ダウ。

戻り高値を超えていないので、エントリ直後に一気に叩かれるというリスクはある(汗)

ダウ的には、下落ダウから小さく安値を切り上げて上昇ダウへ転換したと判断できるだろう。

1HMAは下向きから水平へ。収斂から拡散を期待してのエントリ。

15分足
15分足拡大

下落トレンドラインは上抜けている。

ただ、15分MAは1HMAの下にあり、15分足的には収斂拡散を狙った売りが入ってきやすい。ただ、1時間足のダウが転換したので、いくしかなかろう。

エントリ数分後

15分足

ぐはぁ。。見事な高値掴み。15分MA下拡散を狙った売りが入ってますなぁ。。切り返すことを祈るのみ。

この値動きを見てからトレードすべきなのか?でも、1時間足転換で一気に走っちゃうことだってあるし、エントリするしかない。この値動きは想定済としてエントリするしかないよな。

トレード結果

15分足

エントリ直後に下げて切り返して高値更新するも、叩かれると。

ちょっとこれ、15分足が整ってないと苦しすぎるな。

15分足で拡散失敗を見たと考えていたが、短期MAと中期MAが離れすぎだな。収斂してない。

きっちり収斂から拡散(15分MAが下を向く)を見て、その下落が失敗したのを確認した後で買いエントリすべき。

そこまで待たなければならなかった。

ドテンはない。4HMA上向きで売れない。

反省点

15分足が整っている(狙った方向へ拡散できる or 逆方向への収斂・拡散が失敗した)のをエントリ必須としなさい。

収斂・拡散(15分MAの反転)を見て、実際に価格が走らず反転してきたところがエントリポイントだ!!

ここが体に染み込んでなかったな。