日足をしっかり分析して先週のユロドルを復習してみる

日足を分析することで、今週の値動きを読み解けるか考えてみる。

1時間足

いつもとは逆に短い時間足から見ていく。

実際にこの1時間足で黄色〇のところで買いエントリしたわけですが…。

1HMAが4HMAにゴールデンクロスした場面なので、押し目買いするルールです。

1時間足だけ見れば、足元もレジサポが見えていて買える局面。(もう一段下のネックでサポートされると最強だけど。)

では上位足を見ていこう。

4時間足

4時間足で目立つ抵抗ラインは2つ(図の黄色線)。

その2つを超えていくポイントだったので、抵抗を抜けたとして買ってもよい。

4時間足的に安値を切り上げたといえるかどうかが微妙。

ヒゲで2つ目の安値切り上げを作ったと見えなくもないが、、あまりに短期的で安値切り上げじゃないよな。こりゃトレードすべきじゃなかった。

日足

日足では下落ダウ。戻しの局面。

エントリはネックラインを上抜けるところなので、アリといえばアリ。ただ、日足の抵抗は幅が曖昧だから抜けきったとは言えないが。

直上には日足MAがあり戻り売りが入ってきやすいが、少し抜けるくらいは走ってもいいだろう。

とすると、、日足ではトレードを止めるほどの根拠はない。

4時間足だな。安値切り上げてないのに買いで入ったのが問題だった。

1HMAのゴールデンクロスを見て「エントリしたい」という気持ちが強くなり、ヒゲ陽線を強引に安値切り上げと考えてしまったか。「微妙なので見送ろう」という判断があっても良かったよな。

1時間足

実際に黄色〇で買いエントリした。

1つ前の上昇で、わかりやすい抵抗は一度上抜けているので、懸念されるのは日足MAによる売り圧力のみ。

この1時間足では、足元がネックとレジサポを作っていて、最強の支持がかかっている。

そこから小さく安値を切り上げての上昇転換。1HMAも水平に戻してからの拡散ポイントで非常に良好。

1時間足としては、文句ない買いポイント。

疑問は、「結果的になぜ走らなかったのか?」という点。

4時間足を見てみよう。

4時間足

4HMAを上抜けてから押し目をつけて4HMAが支持してくる。

ここにきて、ここが4時間足の安値切り上げポイントが明確に見えてくる。

足元は完璧。買うべきポイント。

でも走り切らなかった。

4時間足の下降トレンドラインで止まったという結果ですな。

実際のトレードでもこの下降トレンドラインとの距離を持ってエントリし、その下降トレンドラインを上抜けられるかが勝負だと考えていた。

日足

日足では、日足MAをちょい越えしたところだったので、戻り売りが入りやすかったのだろう。

ただ水平的には何もなく、日足トレードとして売るには根拠が弱そうなとこかな。

総じて、結果は微利益だが、このトレードは「アリ」。

足元もしっかり、抵抗となりうる下降トレンドラインにも距離を持ってのエントリができている。

1時間足

これはトレードしていないが、トレードを検討できるポイントだった。

1時間足の上昇転換。1HMAが4HMAに収斂から拡散するポイント。

ただ、直前の下抜けの足元の支持が1時間足では見えない。また、損切幅が相当大きくなる

損切幅に対して、直近の高値までの距離がない。リスクは大きい。

そして、1時間足での安値切り上げが見えていない!これが大減点。

4時間足も見てみよう。

4時間足

4時間足では、

一度崩した上昇ダウを、再び上昇ダウ確定させるポイントである。下否定。

4HMAに対してグランビル第3波がかかるポイントでもある。

足元は、1時間足では支持が見えなかったが、この4時間足ではレジサポ逆転が見える。

下降トレンドラインも上抜けている。

ということで、4時間足では買える局面である。

ただ、直前の下落は大きかったよねぇ。売り圧力も強そうな気配はある。

じゃ、上昇した場合の抵抗はどこにあるんだ?

まずは直近高値。

直近高値を抜けてしまうと、、直近の値動きから分かりやすい水平ラインが見えない。(細かなラインはごちゃごちゃ存在するけど、分かりやすいとは言えない。)

あとは、チャネル上限。

となると、直近高値が抜けられるかどうかが最大の問題。抜けられないと損切に合う。抜ければ負けはないだろう。

「4時間足が上昇ダウ転換したんだから、至近距離にある直近高値なんて抜けて当然」と考えることもできる。

また、「直近高値は水平的におされられてなくて、下降トレンドラインで止まっただけ。その下降トレンドラインを上抜けているんだから、直近高値で売られる根拠はすごく弱い。」とも考えられる。

攻めても良かったのかな。

日足も見てみよう。

日足

日足ではまだ戻している最中。

日足から見える上値抵抗は、、一番近いので過去のWトップの高値くらいしかない。

戻しだとしても上昇余地がある。

やはり4時間足での直近高値を上抜けるかどうかだけが問題。

さらに15分足も見る。

15分足

これはヤバい。15分MAが1HMAに上から収斂し、上昇するしかないチャート。

15分足だけ見れば、超絶買いたいところ。

15分でエントリするのも検討できるが、、ただ、1時間足はダウ不定であり、1時間足的にはまだリスクが残る。でも、15分足が上昇転換すれば損切巻き込んで、そんな近い高値は勢いで抜けてしまうとも思えるし。1時間足でエントリするべきか、15分足でエントリすべきか、いつも悩むパターン。

ただ、ここは1時間足が転換まで待つべきだろう。2,3pipsしか変わらない。でも、1時間足が転換するかどうかで相場環境は全く変わってくる。1時間足転換すれば同時に4時間足も上昇ダウ確定する。絶対的に上有利となる。15分足転換で入った場合、1時間足4時間足転換を阻止する強烈な売りにぶっ叩かれるリスクがある。エントリ直後に即LCになる非常に危険な香りがする局面だ。

 

まとめると、

エントリするなら1時間足転換。

問題となる上値抵抗:4時間足の直近高値。でも、4時間足転換で下否定したんだから抜けて当然だろう。

足元:4時間足ではOK。1時間足だと安値切り上げがなく心もとない。損切幅も大きいぞ!

いや~、今考えても、悩ましい。。

でも、こういう強烈な下否定は攻めたいよね。欧州オープン時の特有の動きに沿ってるし。アリだろう。

結果的には大した利益にならなかったが、大きく走る可能性に賭けていいところ。

 

まとめ

足元はしっかりしているか。

走るとして、最初の支持抵抗はどこにあるのか?反転したとして利益で逃げられるだけの距離があるのか?

これを考えるのが非常に大切だよな。

「エントリしたら速攻反転して即LC」、こういうトレードをゼロにしたいのよねぇ。

 

日足を分析するつもりだったけど、日足は支持抵抗を確認するために使う程度のものって感じだね。

エントリする場合には

1.足元の確認

2.進行方向の支持抵抗の確認。特にエントリ価格から近いものの存在確認。損益を分けるような支持抵抗。

をしっかり確認する癖をつけたいね。

 

ちょと先週やられまくったAUDUSDも同じように復習してみようかな。

同じように丁寧に分析したら負けを回避できたのかどうか、気になってきた。

(追記)後でこの分析よりもいい気づきがあった。下記記事を重視せよ