2020年1月25日 今週の振り返り

0勝2敗1分 -20pips

問題あるトレードが多かった。

1敗は、、、ルール外トレードやっちゃった、、、。金曜晩に。はぁ、、、。その後はどうにか止まったが、ほんと我慢できないもんだな。こんなんじゃロット上げられん。

1分は、、、これもルール外でエントリ。値動き悪いのでまた建値で撤収した。

そんなこんなで、いろいろ考えた一週間だった。悩みは全部記事にしてる。記事にしてみて気づいたが、自分は未解決な悩みをずいぶん放置していたんだな、、

そして

「俺はマシーンになる!」

と誓った。

そして、その日にルールを破った。

最悪や。

なんなん俺。

 

今週はドル円の大きな下げも取り逃すし。

ポンドルも週足下降トレンドラインが気になって見送ったら、師匠取ってるし。日足とか4時間足をきちんと分析するようになったのはいいんだが、それ見てると支持抵抗ばかりでトレード敬遠したくなってしまう。たまたま今の相場が保ち合いの収斂局面で難しいのだと思うけど。。

FT3での検証でもたくさん取り逃すし、損切食らうし。資金の伸びが頭打ち。で、デモでも自信をなくして落ち込んでいる。師匠と比べて取れないことに落ち込んでいる。ほんと、下手くそやな、自分。。と。

FT3検証の成績(2017年1月~11月)

さらに追い打ちをかけるように、金曜夜のNY時間にドル円が走りだして、、、残り時間なくてトレードできないっちゅーの。そしてまた取り逃し感にさいなまれる。。いや、今週負けてるからそう思うんだろうな。

ドル円 1時間足

節目の意識がまだ足りない?

FT3での検証に合わせて師匠の動画を見ているんだが、、

自分は節目をうまく使っていない

という事を再認識。

以前から感じていたのだが、まだダメだ。

さらに、今日のAUDのトレード。

AUDUSD 1時間足

黄色□でトレードして負けたんすけど、その後もうちょい戻してネックとレジサポ形成してからの下げ。固かった安値を突き抜けたな。やっぱ節目って大事やん!と思わせる動きだった。

どうしようかな。

MAを消したチャートで練習したらいいのか?

でも、、きつそうだ。

そもそもトレードルール適用される場所が分からんぞ。

意識してやるしかない。

「節目は絶対必須!』というくらいに真っ先に考えるような癖をつけないと。

 

日足、4時間足の支持抵抗が気になってトレードできなくなる

師匠の動画を見てて感じたのは、自分は過剰に支持抵抗(水平、トレンドライン)を気にしているってこと。

支持抵抗までの距離感が違うのか?自分は近いと思っても、師匠はそう思ってなかった。反転したら逃げればいいと。。

あと、水平に対しては、「安値切り上げてしまうかも。そうすると、この距離では逃げられなくなる。」とかおびえている。これも過剰すぎるようだ。

トレンド発生していれば、抜ける前提でトレードするしかないのだが、覚悟が足りないのかな。先々週くらいのAUDのトレードは「距離があるから抜けたらラッキー!」と考えてトレードして、抜けて大きく勝てた。そういうことだよな。

支持抵抗にビビりすぎ!

LCをビビりすぎ!

そもそも大きく動く可能性ある値動きに賭けているんだ。抜ける可能性は高い。抜けなかったらLCするだけ。それでトータル勝てる。

 

「そろそろ稼がないと」という焦り

貯金が減っていくだけの状態から一刻も早く脱したい。。

これが最強のストレス。焦る。

貯金=資金

でもある。

ただ生活しているだけで資金が減っていく。

このまま貯金が減っていけば、ますますロットを上げにくくなる。証拠金不足でロットの上限が小さくなっていくのもある。資金が少なければ少ないほど負けたときのプレッシャーもより大きくなる。

だからといって、ロットを上げて貯金を減らしてしまえば、さらに貯金の寿命を縮めてしまう。

 

どうなったらロットを上げていいのか?

これをはっきりさせないと、、だな。

 

昨日「もう勝てる」
今日「自信なくした」

一喜一憂してる。

これは良くない。

たった1日や1週間で何が変わるというんだ。

客観的に自分のトレーダースキルを見れていない証拠だ。

リアルトレードの成績や、FT3の検証でおよその状態は分かるだろう。

リアルトレードは直近3か月はプラス。ただ、11月・12月はそれほどpips稼げていない。1月は十分な感じだが、トレード数が少なくて、運が良かっただけかも。去年メンタルを壊してから立て直してきているが、11月12月はおかしなトレードも混じっているだろうし。安定したトレードのみで数か月の成績が見たいところ。

FT3 USDJPY11か月分の成績

FT3は順調に資金は増えているが、後半はかなり失速している。減ってはいないが、たいして稼げてもいない。この後、どうなっていくか気になる。一方的に減る時期がなく、再び伸びる時期がくるのかどうか…。

 

ただ、これまでの成績から自分のトレードスキルのおよその状態は分かる。

増える時期もあるが、停滞する時期も多いにある

相場が大きく動き、大きく稼げる事が数回あると、資金も大きく増える。

相場によっては、勝っても微益が続き、資金が全然増えない。凹ませないように耐えるだけの時期もよくある。

メンタル壊さずにやっている限り、大きく資金が凹むことはない

資金が増えない時期が、メンタル壊す非常に危険な時期。

手法に対して疑心暗鬼になる。

資金が増えない事にいら立ちを感じる。

師匠は勝ってるのに自分は勝てない事にひどく落胆する。「いつまでたっても自分は下手くそだ、、」と。

この資金が増えない時期を耐えて乗り切る事が非常に重要!(今やん!)

ロットを上げるために望む状態

師匠と同じトレードができる

短期的にはムリやな…。

もしそう感じられたら文句なしの出来。

師匠と同じレベルに至らずとも、稼ぐことは可能。

トレードスタイルの安定

チャンスでは臆さず打ち込む。

勝ったり負けたりしながらトータルプラスを維持している。

停滞的では大きなドローダウンが起きない状態。

メンタルの安定

ルール外トレードを一切しない

という状態。

仮にルール外トレードをしてしまったら、すぐチャートを離れてトレード停止できる事。すべてが壊れるぞ!

 

ロットを上げるための客観的条件

これを目標としよう。

・1月~3月まで3か月連続プラスを出すこと

・1~3月までルール外トレードを無くすこと

・FT3でUSDJPYの3年分の検証を終え、順調に資金が増えることが確認できること

 

まぁまたロットを上げるタイミングは変わると思うが、現時点の目標を明確にしておく。

 

まとめ

「もういけるんじゃないか!?」

「自信なくした(↓)」

こういう心理状態に振り回されている。

メンタルが悪化するのは「成績の停滞期」。

停滞期は避けられない。

その停滞期を平常心でやり過ごす事が重要。

これができるようになれば、負けずにずっと相場を続けられるだろう。

停滞期を当たり前に起きること、と考えて、安心していつものトレードを続けよう!

さすれば道は開ける!!

もう少しだ。頑張ろうぜ!