2020年2月16日 FT3検証 USDJPY2019年9月~12月

2020年10月7日

成績が悪かった期間をやり直した。

 

「知っている期間をやり直して意味があんのか?」

 

自分でも疑問だった。

4時間足以下の細かい動きは覚えていないが、日足レベルの大雑把な動きは覚えてしまっている。

ということで、かなり有利な状態での検証となるのは仕方がない。

それでも、「日足レベルの抵抗付近で、売り買いの勢力が反転していく様子」を繰り返し頭に焼き付けるという意味では効果ゼロではなかろう。

似たような局面でシナリオを立てる際に、そういった過去の値動きの記憶が役立つこともあろう。

 

成績 USDJPY2019年9月~12月

成績

総トレード数:26

勝ち数:18

負け数:8

勝率:69.2%

総獲得pips:215.5

勝ち平均pips:18

負け平均pips:13

損益率:1.32

考察

まぁ、二度目ということもあり、右肩あがり。

もちろんルール外トレードはなしで。結果を出すことが目的ではないので。

二度目なのに、「手を出してはいけない局面」で手を出しちゃってヤラレタ。。。こういうのは繰り返しヤラレて、頭に焼き付けないと簡単には治らないようだ。

保ち合いが多く、走る事が少ないので、損益率は悪いですな。

まぁ、それでも、日足レベルの支持抵抗付近でのトレードを気を付ければ、いい感じにトレードできるという事は分かりました。

次回

ユロドル2019年に挑戦する。

 

ドル円2019年は難しい相場で、特訓するにはもってこい。2019年を乗り切るスキルがあれば、どんな年でも乗り切れる?と感じるくらい。

ということで、何度も反復する価値はある。

また忘れた頃にやろう。

 

以上