2020年2月19日USDJPY(〇)

2020年2月20日

9時ちょい前の買いエントリ。

抵抗帯まで距離がない位置での買いエントリをした。

昨日、オジで形は完璧なのに抵抗を気にしてトレードせずに後悔した。ずっと、どうするのが良かったのかを考えていた。「とりあえずエントリして抵抗を叩きにいくのを見ればいい。抵抗で弾かれて15分足が反転したら損切すればいい。抜けるときはあっさり抜ける。」が良いのかな、、と。

抵抗からも距離をとった位置でポジを立てられれば最高だが、残念ながら現実的にはそういう場面ばかりではない。。それでも、ダウ・MAで形が整っている場合には、何度も抵抗を叩きにいく。そういう値動きをしてくれれば、15分足が崩れたとしても大きな損切にはなりにくい。それくらいのリスクは取っていかないとトレードができなくなっちゃう。

そういう反省を踏まえて、今回のエントリに臨んだ。抵抗には近い位置でのエントリです。

日足
日足拡大

上昇トレンド。ダウ不定。

もう10日ほどレンジが続いている。

1つ前の高値はまだ叩きにいっていない。週足レベルの下降トレンドラインが意識されているようだ。ただ、このラインは引き直しているもので、意識されるものか微妙。それよりも前回高値の方が意識されるだろう。もう1つ、110円という節目が強く意識されている感じもある。

レンジではあるが、小さく安値を切り上げて、まだ上を狙っている感じ。日足MAも徐々に上向きに変わってくる。

時間的にもそろそろ、上を試しにいってもいい。

4時間足
4時間足拡大

下落トレンド。ダウ不定。

昨日の下落で上昇ダウが崩れた。

そこから急反発し、再び4HMAの上に出た。そして、小さく押し(安値切り上げポイント)を作っての上昇転換が見えようとしている局面。ただ、安値切り上げポイントに見えるかどうかは微妙。時間的に短期的すぎるようにも感じる。悩むところではあるが、1時間足で安値切り上げと見えると判断。朝一で売買が活発ということもあり、上昇するならこのタイミング。

逆に売り目線では、戻してきたもののWトップを作って本格下落を開始しようという局面にも見える。

直近の高値を上抜ければ買い方の勝ち。直近の高値を抜けずにWトップを作ってくれば、大きな下落につながりうる。

ということで、勝負となるラインが直上に存在する状態です。

流れや形では上昇中であり、トレードは買いのみ。まだ売れない。

1時間足
1時間足拡大

下落トレンド。上昇ダウ確定でエントリ。

昨日の下落否定が強烈だった。1HMAがデッドクロスして、下落するには絶好のチャンスだった。その状況を無視して上昇。日足が下落を許していない。

昨晩上昇して、もみ合っているところ。1HMAは下から急反転して受けてくる。この位置でのモミモミは相当に上有利。まだゴールデンクロスしていないが、もう間もなくというところ。ここから下落するには、一気に下げるしかない。時間的な余裕はない。もみ合いが続けば続くほど上有利に変わっていく。

エントリ前まではダウ不定の状態だったが、小さく安値を切り上げてネックを超えることで、上昇ダウを確定させた。そこでエントリ。「さぁ、いこう!」という局面。

問題は直上の抵抗帯。昨晩の高値、4時間足の直近高値、1時間足の戻り高値と抵抗が密集している。抜けるまでは予断を許さない。15分反転したら逃げることが必要。逆に抜けてしまえば、かなりの損切を巻き込んで大きく上げる可能性が高い。そうなると、日足レベルのレンジ抜け上昇も期待できる美味しい局面。

15分足
15分足拡大

手前のレンジ上抜けでエントリしようか迷ったが、1時間足の上昇ダウ確定まで待つことにした。

エントリ後

しばらくチャートに目が釘付けで、この記録も書けなかった。

が、殴り合いの末、上抜け成功。

負けはなくなった。ありがとうございます。

1時間足

損切巻き込んで一気に上昇したが、日足レベルの前回高値で押さえられて上ヒゲできてます。この後どうなるのかは誰にも分かりません。

日足相手なので、このまま急速反転の下落で微益撤退となる可能性もある。

想像を絶する上昇…

ドル円とは思えないボラリティを叩きだしてます。15分足でもジグをつくらない上昇で、急降下もあるだろうと、ちょくちょく利食いし、もう玉がほとんど残っていません…。

15分足

チャネル上限で半分利食い。ここ日足の高値(年初来高値)を抜けた直後にLCを巻き込んで噴いたとこ。通常なら40pipsも走れば調整入るし、日足の高値にもタッチしたし、一旦ゴール達成で押すと考えて利食い。

2回目の利食いは日足で過去のWトップのネックライン到達。分かりやすい節目。80pips走ってるし、そろそろゴールだろう、、、と。利食い後に大きめの陰線できて「ほら、ゴールでしょ」と思った自分が浅はかでした…。

ポジションは1/4しか残ってない。

引っ張るだけが自分の取り柄だと思っていたが、この相場では全くダメだった。急落ありうると考えて、利食いしたい欲求が勝ってしまった。でも、、、急落ありうるよね。そういう利食いも大切よね。こんな相場には、1年に1回くらいしか遭遇しない。そこに合わせるのはオカシイ。

4時間足

まさかの4時間足チャネルを上抜け…

週足

はるか彼方と思っていた週足の下降トレンドラインにもタッチ。

トレード結果

15分足

3回に分けて利食い。最後は15分足崩れで終了。

ボーナスありがとうございました。