2020年4月10日USDJPY(ー)虫の息→閑散相場

9:30頃の売りエントリ。

エントリ直後に急反発し、すでに虫の息…。ふぅ。。

日足
日足拡大

下落トレンド。ダウ不定。

ボラがどんどん縮小し、トレンドが見えにくくなっていて難しい相場になってきています。

日足MAは週足MAにゴールデンクロスしているが、価格は短期的に下げようとしていて、この点でも噛み合っていない。

日足では、なんとも判断つかない状況です。

4時間足
4時間足拡大

上昇トレンド。下落ダウ。

直近で保ち合いを下に抜けてきました。

4HMAが日足MAの上にいるので、日足MAがサポートして上有利だと考えていたが、下に動いた。

ただ、現状はこのままフラッグ形成して上、4HMAが収斂から上拡散という流れも十分ありうる。

しかし、このまま下抜けていくというシナリオもある。

難しいですね。

ただ、保ち合いを下に抜けてきたので、まずは下目線でついていくことを考える。

1時間足
1時間足拡大

上昇トレンド。下落ダウ。

昨晩、保ち合いを下抜けて1HMA付近まで戻してきたところ。(未タッチ)

ここからの再下落が、1HMAのグランビル第3波なのか第5波なのかは微妙なところ。ただ、分かりやすい最初の戻し。

トレードする決定打になったのが、分かりやすいレジサポ逆転。保ち合いの時から、抜けた後のこれを待とうと決めていた。そういう形になったのでトレードを決めた。

直近安値はトレンド転換を決めるラインなので、反発リスクは高め。だが、距離あるので反発しても微損で逃げられる可能性もあるだろうと。

15分足
15分足拡大

高値切り下げていないが、朝の安値を割ってきたのでエントリ。15分MAも水平になっているし。

エントリ直後、虫の息

15分足

ヒゲの先端で売りエントリとなった。最悪だ…。

直後にLCラインまで上昇し、、、保ち合いは続く。

うーん、、、、15分MAの収斂不足か。15分足の高値切り下げをきっちり待つべきだったのか。5分足での上拡散失敗をきっちり見るべきだったのかも。

トレード結果

16時過ぎ。やめ。

15分足

チャート的にはまだ全然持っていていい。

しかも下げ始めて面白くなってきた所。

欧州休場だけど米市場は開くのでほっとこうかと思っていた。

が、スプレッドが異常な事になってきた。

朝の値洗い時と同じように、30pipsとかクソな開き方を繰り返し始めた。

閑散相場だ…。

さらに日足を見ると、、、

日足

なんだこの値幅は…。

大きな波が徐々に小さくなって中央で固まる…。

ある意味キレイな動きだけど、、、

今晩はもう動かんだろう。

萎えました。

もう建値で決済できるうちにやめときます。

これはトントン病にはカウントしませんからっ!