2020年5月14日 今週はまだチャンスがないんですが…微妙なのを見送る勇気

ノートレード継続中です。

チャンスを獲り逃したというのではなく、チャンスが皆無!

今週はノートレードで終わってしまうのだろうか?

ドル円

4時間足

月曜は朝から上昇して、日足の下落ダウを崩しました。押し目がないので手を出せず。

その後、押してくるものの、4HMAで反発できず下落継続。

でもまだ、上昇トレンドラインに乗ってます。4HMAは日足MAにゴールデンクロスした状態。日足の下落ダウは終わっている。売れる環境ではない。かといって買える状況でもない。

オジドル

4時間足

でっかい保ち合いです。動いてはいるけど、1時間足レベルでは入るタイミングがなかった。

その保ち合いを下抜けて、戻しを作って下落!?

という動きになってるが、直下に日足MA。水平から上を向き始めています。日足ではWトップも見えてますが、もう一度日足MAに支持されて上抜き(3波動調整)というシナリオも存在する。4HMAが日足MAに収斂から拡散という形。

日足の買いが入りやすいこんな位置では売れない。1時間足、15分足では「売れー!!」なチャートなんだけど、4時間足、日足では売れる位置じゃない。

ユロドル

4時間足

ダウが分かりにくいチャート。ざっくり上昇ダウでフラッグを形成している感じ。

4HMAも日足MAに収斂から拡散しそうで、そろそろズコンと落ちるかも。でもまだ上昇トレンドラインに乗ってる。そして、この上昇トレンドライン、安値水平が直下に存在するこの位置から売るってのは、、、いや~売りにくいなぁ。

日足でも下にも上にも抜けられないレンジになってて、そのレンジ下限まで値幅もあまりない。トレードしても美味しくなさそうで、あまり手を出す気がしない。。。

ポンドドル

4時間足

下落トレンドが出てます。

でも、戻したところで1時間足でエントリできる形にならず、一気に反発して下げちゃう。手がでない。。

まとめ

「チャンスがないからルール外だけどトレードしてみよう!」

とならないように気を引き締めよう。

 

こういうチャンスが見つからない状態が続くと、

自分はいったい何を待ってるんだっけ?

自分が欲しいチャンスなんて永遠に来ないのでは?

ちょっと微妙だけど、これトレードしないで見送って走ったら悔しいなぁ。

とよく不安を感じる。

システムトレードほどエントリの条件が明確でないから、どのくらい整えばトレードして良いのか、見送るべきかの区別がつきにくい

 

最近、その区別の方法が少し分かってきたかも。

直近のトレードはすべて、迷いなく、

「チャンス来たー!」

という感じだった。

「微妙」と感じる要素がほぼない。

「トレードするしかないでしょ」という感じ。トレードが怖いという感情は一切起きない。

 

「そういう局面は確実に存在するんだから、焦らず、落ち着いて待てばいいんだ」と思えるようになってきた。

「どうかなぁ、微妙だなぁ」

と思う局面は全て見送ってしまえばいい。

ただ、「見送ったやつが走ったら悔しいなぁ。。」という感情はまだ残ってる。この感情、捨てられるようになるかなぁ。。。