2020年5月18日USDJPY(×)

2020年5月19日

21時過ぎの買いエントリ。

「一歩遅いか?高値掴みになってしまうか?」という危惧が若干ありつつもエントリ。

また、ユロドル、ポンドル、オジドルが全て上げている中で、ドル円の買いエントリは若干抵抗あったが、行くというならトレードするしかない…。

日足
日足拡大

上昇トレンド。ダウ不定(下落ダウを崩した)。

ダウ的には押し目買いの局面というところ。

ただ、日足MAは若干下向きで、再度、高値を切り下げて下落ダウを作ってくる可能性もある。

4時間足
4時間足拡大

上昇トレンド。上昇ダウ(保ち合い)。

4HMAに乗り上げて、レジサポ逆転も作って、少し上昇したところ。

4HMAは日足MAに収斂から拡散。4HMAに対するグランビル第3波の局面である。

保ち合いの高値切り下げラインを上抜けるところでの買いエントリ。

水平的には直上に直近高値が2つが存在し、まずはそれを超えられるかどうかが問題となる。

1時間足
1時間足拡大

上昇トレンド。上昇ダウ。

日中のWボトムは見送り。保ち合いの中で高値切り下げの戻り売りも出やすく、15分足のMAがデッドクロスしていたため、非常に買いにくかった。

そういう状況から上昇し、直近高値を超えて、押しを作ったところ。

1HMAを上抜けて、1HMAに乗っかって再上昇。グランビル第3波とみなせるか???

という微妙な局面ではある。

こういう形状は正直、あまり記憶になく、これが第3波と言えるのか非常に迷うところだった。

ただ、1HMAが水平に戻していて、かなり時間を使ったので、安値切り上げポイントに見えてくるところ。

4HMAも上向きになりつつあり、4時間足のグランビル第3波の局面でもある。切り下げラインで上昇が一旦止められているだけと考えられ、であれば、そこを抜ければ4HMAのグランビル第3波の値幅を狙える、値幅は十分に残されていると考え、トレードすることにした。

なお、損切りの安値ラインは水平的にはレジサポを作っていない。1HMAが支えているだけ。が、他の点で、これだけ形ができれば十分だろうと考えた。

15分足
15分足拡大

1時間足のWボトムから15分足の上昇ダウが継続している。

通常は、15分足の下落転換を見てから、再度上昇転換するところでエントリしたい。

これが高値掴みの危険を感じさせるところ。

15分足のダウを一旦崩してくれていれば入りやすいのだが、継続中でした。

15分足でレジサポ逆転は見えてるし、15分MAはゴールデンクロスしたが、、弱いよな。

15分足的にはこの上昇はいつ終わってもおかしくない。

トレード結果

どうにか最初の関門になっていた高値は抜けた。

が、まだ売りが強いような感じ。NYでトレンドを築いてくれることを期待しよう。。。

15分足

完敗です。

15分足Wボトムを下抜けで切るか、初期LCまで粘るか迷って、初期LCまで粘った。

まだ1HMAがいるし、高値切り下げラインへのリターンムーブとも考えられる。少なくとも直近高値は超えていて、まだ押し目買いは入りやすいと考えた。

しかし、、Wボトム抜けたら初期LCまで直行でしたね。

 

2連敗か。

でも、余計な手じまいはせず、きちんと放置できた。

いや、、見てたので、何度途中で切ろうかと思った事か。。

週末に決めた「放置」は守ったぞ。

でも、負けたな。。

なかなかの試練ですな。

やっぱ入りが悪かったのかな。15分足の上昇途中でつかんだ形だったのかな。なんとも判断つかないな。