2020年5月20日GBPUSD(×)

2020年5月21日

22:15頃の買いエントリ。

今日は

「自分は必勝法探しをしているのか?」

といった事を改めて問われているようで、いろいろ考えている所ですが、チャンスが来たのでトレードします。

日足
日足拡大

下落トレンド。下落ダウ。

日足ではあくまで下落ダウ中の戻し。

そして、Wトップのネックライン付近であり、戻り売りが入りやすい価格帯に突入している。

そういう局面での買いエントリであり、若干心配ではある。

が、戻り売りのレジサポ逆転となるべき安値を若干踏み越えている。戻り売りが弱い可能性がある。

4時間足
4時間足拡大

上昇トレンド。ダウ不定(下落ダウを崩した)。

なんだか分からないが強い動きになってきている。

トレンドを上昇転換させ、さらに、転換につなげた戻り高値がレジサポ逆転としてサポートしてきている。かなり良い形。

4HMAは上向きだが、若干の乖離が気になる。この乖離がある状態でグランビル第3波となれるか? それとも4HMAへしっかり押しをつける動きになってLCとなるか・・・。

日足レベルの下降トレンドラインも若干だが既に上抜いている。

十分、上を狙えると判断した。

1時間足
1時間足拡大

上昇トレンド。上昇ダウ転換でエントリ。

足元の水平はしっかりレジサポ形成している。

調整の動きで下落ダウに転換していたが、そこから上昇ダウへ転換するところでエントリ。1時間足の下降トレンドラインはとっくに上抜けていた。

1HMAをまたぐ動きというところが若干気になるところ。エントリ後にうまく上昇したとして、もう一度1HMAに押しを作ってサポートされて、グランビル第3波が始まれば最高。

15分足
15分足拡大

しっかり15分上昇ダウを一旦崩してから、高値を超えてきた。いつもの課題はクリアしている。

保ち合いの下抜けを即否定。下否定として最高の動きです。

 

これだけ整っていれば、負けても仕方ない。

「腰を据えたトレード」をすべきチャンス。

走るまでしっかりポジを保持しよう。

トレード結果

15分足

寝ようかと思ったら、LCされてました。。

なんか負けるのに慣れてきて、ほとんどダメージない。

3連敗。これは大記録が出てしまうのか?

確かに、どんなに頑張っても、負けは回避不能ですなぁ。負ける前提でトレードし、トータルでは勝てるでしょ、という意識でトレードするしかないのね。

さて、、

でもオジとユロは走ってるのにポンドだけなぜ走らんかった?(この前の「オジ、ポンド、ユロは走ってんのに、なぜドル円だけ走らん、、」ていうののデジャブだ。。)

日足がだいぶ違う。ポンドは下落ダウの戻り売りが入りやすいとこ。ユロ、オジは上昇ダウだけど、日足レベルで過去2度ほど止まった高値付近。

日足の節目超えを狙うのはNGだと思ってユロ、オジは回避。足元の水平もしっかりしていて、1時間足で下落ダウにも一度転換するくらいしっかり押して、まだ値幅の残っていそうなポンドを選んだんだけど、、裏目だ。

もう1つ考えられるのは、走った後、4HMAが迎えにくるのを待たずに手を出したってこと。基本的には高値圏でウダウダになる事が多いので、手出し無用なんだけど、足元の水平がしっかりしてたのでトレードに踏み切った。

どっちかなぁ?

それとも、そういう問題ではなく、相場の気まぐれに過ぎない?

また明日ゆっくり考えよう。

おやすみなさい。