2020年5月23日 今週の振り返り 危機的状況!

瀕死です!

今週もボッコボコにやられました。

成績もメンタル面も壊滅状態です。

 

木曜夜からトレード記録をサボり始めました。

何連敗したか分からないほど負けました。

直近2週間でー50万円ですね。

仮想資金も180万円→130万円に激減です。

今年の利益も100万円→50万円に半減しました。ジェットコースターな損益変化してます。

まぁ、ハイリスクハイリターンでやっているので、-50万円となるのも十分あり得ましたね。1勝して+20万円なので、、(汗)

でも、さすがに今のやり方は一旦STOPして、立て直しを図ります。

ロットを上げればいつでも稼げる事はよく分かったけど、成績が安定させられないと、こんなジェットコースターを繰り返すだけで資金は増えず無意味…ということもよく分かった。

 

こんな悲劇の結果となっていますが、今、

 モチベーションMAX!

になってます。

昨晩もいろいろ考え、今朝も検証やりたい病になりずっと検証していて、この記事を書くのが遅れました。

今回の件からいろいろ改善できそうなネタに気づいて、一刻も早く試してみたい。

その結果、また絶望を感じてしまうのかもですが、、(汗)

 

チャンスを待つのでなく、探しまくってた

2連敗くらいがトリガですかね。

「早く1勝して負け分を帳消しにしたい」という気持ちがMAXでした。

そこに追い打ちをかけたのが、自分がトレードしたドル円、ポンドが走らず、触っていないユロドル・オジドルが快調に動いていた事。

「なんでこんなダメ通貨ペアを選んでトレードしてしまったんだ!?通貨ペアの選択を間違った!」

この気持ちがトドメを刺したような気がします。

 

今見ると、今週のトレードは、

「なんでそんな局面でトレードしたんだ…」

というものが多数。

自分のスキルは紙一重でトータルプラスとなる程度のものなので、そこにおかしなトレードを挟んでしまったら余裕でマイナス圏に沈めます。。

 

ま、こんなのはスキル不足にメンタルの問題が重なっただけで、目新しい気づきでもなんでもないです。

 

トレードへの向き合い方を変えよう

今週、少し記事にしましたが、ヒロさんのツイートがあまりにも今の自分の心にグサグサ刺さりました。

その時は、今の自分のやり方を変えようとは考えなかったわけですが、自分なりに変えるべきだと納得できる考えに至りました。

 

まず、客観的に私のトレードを見たら、オカシイですよね。

エントリすれば15分足にかじりつき、5分足も合わせてみながら「逆行すんのか?逆行すんのか??」と逃げるタイミングをずっと伺っている。

負ければ、絶望的な気持ちになる。

連敗すれば、今すぐ取り返そうと、チャンス探しにチャートにかじりつくようになる。

 

うん、おかしい。

誰が見てもおかしい。

 

「なんでこうなるのか?」

書籍やYoutubeやツイッターなどの意見を見ていても、イマイチ腑に落ちなかったんですよね。

でも、自分なりの解釈で腑に落ちてしまった。

 

「とにかく負けを減らしたい。資金を減らしたくない。」

この気持ちが根底にあるわけですが、それにより、私のトレードは

形式的な判断でエントリチャンスがやってきたら、

そこで、

「本当にそこでエントリして勝てるのか?走るのか?」

という問いを立てて、ずっと悩むわけです。

明確な判断根拠により形式的にチャンスを識別した後に、さらに悩む。でも、その判断には根拠はないんですよ。もはや直感であったり、その時の感情くらいしか判断根拠がない。だから結論も出ない。永遠に悩み続けられるわけです。そして、価格がエントリポイントに近づいてきた頃に、「エイヤ」で決断しているわけです。

ここです!間違いはココです。

その時点で私はそのトレードが「勝てるトレード」か「負けるトレード」かを選択したんです。「勝てる」と考えたからエントリした。「負ける」と考えたから見送った。

当てようとしているんです!

そして、相場が結論を示します。

正解・不正解が示されます。

不正解だった場合、、、

「ぐぁーーー、間違ったーーー!!」

となるわけです。

資金の増減は、その気持ちを増幅するものです。資金増減しなくても、見送って取り逃した場合も「間違ったーー!」になります。

 

これが、自分がトレードに感情を巻き込む事になる原因だった。

 

そうじゃない。

形式的にというか、明確な根拠に基づいて、チャンスが到来したら、

何も考えずにトレードするんです。

だって整ったんだもん。

その結果、勝つか負けるかは、知ったこっちゃぁない。

理論的に自分がまっている局面に対して、きったないチャートの中に理論が適合したと判断する場面が見えたら、それがチャンスですよね。

そのチャンスが見えるかどうか。間違ってチャンスを識別してしまうかどうか。それはスキルの問題。そこは磨く余地がある。

でも、現時点のスキルでチャンスだと見えたのであれば、トレードするんです。

極論すると、「事務処理なんです!」

高度な技術を使った高度な判断の結果、トレードすると考えちゃいけない。

単なる、「事務作業なんです!!」

 

ヒロさんのシステムトレードはコレですよね。アルゴリズムに合致すれば無条件にトレードするんです。

裁量トレードは、直感とかそういうものでシステムトレードを凌駕しようというものではない。

裁量トレードの優位な点は水平を意識できる点だけ?

裁量トレードも、明確な根拠によってチャンスポイントを識別したら、無条件にトレードすべき。

これが正しい姿ではないかと気づいた。

 

『明確な根拠に基づいてチャンスを識別したら、トレードする。』

『結果など興味はない。』

 

この姿勢が正しいトレードの向かい方だろう。

 

そして、当たり前だが、

「明確な根拠に基づいて無条件にトレードしていったら、トータルプラスの結果が得られる」

というのは、事前に検証してきっちり確認しておく事!

そして、トータルプラスが出ないのなら、「明確な根拠」となるものを改善する。

 

そう考えると、「腰をすえたトレード」というのは気合でやるものじゃない。エントリしたらルール通り手じまいするだけ。無感情。負けようが興味ない。

エントリした途端に逆行を察知して逃げようとする行動。これは、自分の決断が不正解にならないようにするための「アガキ」にすぎない。最初から、正解・不正解に興味がなければ、アガクことなどしない。

 

『勝ちトレードが正解ではない。負けトレードでもルール通りトレードできたのなら正解』

この言葉は昔から知っていたが、自分のトレード姿勢はそうなっていなかった。

 

これまで3年弱、ずっと私はこの姿勢でトレードに向き合ってきた。そこに大きな間違いがあったと、今更ながら悟ることができた。

 

何か変われるような気がする。

変わりたい。

まずは、「チャンスは全部トレードする。手仕舞いはルールに従うのみ」という事務処理スタイルでトータルプラスが出るのかを検証して確認する必要がある。

 

手法は何も変えないが、やっぱり曖昧な点はある。結局はそこでのトレードする・しないの判断が「エイヤ」になってしまい、元の状態に逆戻りしてしまいそうになるのかもしれない。

そこが難問ではある。

まぁ、そこはまた考える。

まずは全部トレードするという事で検証やってみよう!!

そこから調整だ。

やる事は多いぞ。。

 

4時間足をもっとよく見ろ

今週、たくさん間違った局面でトレードして負けたわけですが、あらためて気づいた。

自分の手法、、、トレードする局面を間違ったら気持ちよく全部負けられる。勝てる見込みはほぼゼロ。

えと、、要は、4時間足の1波動が走ってる途中から乗ったら絶対負けるということ。

まぁ、極論すると、4HMAにタッチするまで押し戻しをつけなきゃトレードすんな!ってことだ。

去年はこの考え方で自分の成績がだいぶ改善したのだが、今週はこの考えが全く無視されていた。メンタル的な問題のせいかもしれんが、、無意識にでもそう考えられるようにならないと。

 

来週からのリアルトレードは、、

1回あたりの損失許容金額を1万円に落として様子見します。

負けてもほぼ無感情でいられるはず。

エントリしても放置できるはず。

その間に、検証を進めて、事務処理でトータルプラスになると自信が持てる状況になったら、再びロットアップのチャレンジに復活します。

 

まとめ

この記事を書いていたら、検証に戻るのが面倒な気持ちがフツフツ沸いてキテルぞ。。

検証していると、イケイケで没頭しちゃうのに、なぜだ?

モチベーションあるうちに、とっとと検証に戻ります。