2020年5月31日 FT3 GBPUSD2019年

2020年10月7日

無我夢中でFT3やってました。

ポンドル2019年です。3日がかり。

成績

資金1万ドルスタートで、1トレード最大損失500ドル固定でトレード。+170%。上出来。

トレード総数:60

勝ち:31 負け:29

勝率は50%です。途中40%に迫る時もあり。

平均利益:931.06

平均損失:396.89

損益率:2.345 (平均利益/平均損失)

損益率が異様に高いので資金が増えてます。

 

個々のトレードは萎えるくらいに負けまくる。

でも資金は増える。。

 

見える景色が変わった

数か月前にもFT3で練習しまくっていた時期があった。

その時と比べて、景色が変わったような気がする。

基本的なトレード方法は同じ。

結果だけ見たら、似たようなトレードだと思う。ダウを基本とするトレードは変わってないわけだし。

でも、見える景色が全然違う。

チャート上で重視するポイントが変わったためだ。

 

以前のトレード

以前は1時間足を非常に重視していた。1時間足と15分足ばかり見ていた。なんなら5分足まで見てたと思う。

4時間足は「押し目になってるかな?」程度の把握。日足に至っては、抵抗帯の把握くらい?おまけにしか使ってなかった。

そして、1時間足、15分足のMAの並びをかなり気にしてトレードしていた。クロスに合わせてトレードするとか、収斂から拡散しそうなタイミングでトレードする。

 

今のトレード

15分足をほとんど使わない。。。いや、指値を置いたり、週末決済するときには使うけど、分析には全く使っていない。

日足、4時間足、1時間足でトレード判断している。

「日足、4時間足がなければトレードできない」という状態に変わった。

そして、MAの並びは全く気にしなくなった。

その代わり重視するのは、グランビル第3波。

以前から変わないダウを基本として、グランビル第3波、Wトップ(Wボトム)だけで組み立てている。相変わらず水平は一応確認する程度のもの。。。

 

なぜ変わった?

なぜだろう?

意図的に変えようとしたつもりはないんだけど。。

 

最近、なんとなくグランビル第3波を意識しようとしていた。で、前回のユロドル2019年の練習で、日足や4時間足でグランビルを意識すると、すごくハマるなぁ、、という感覚が。

日足のグランビルとかめちゃくちゃ走ったりするし(理論的には当たり前なんだが、以前は見てなかった。。)、4時間のグランビルでエントリしても、少し走った先に日足の逆グランビルが待ってると、「あんま走らないかもなぁ。。」と身構えたりとか。

また、トレードルールを文字にし始めたのだが、エントリの条件も「1時間足でWトップかグランビル第3波のいずれかのみ」と決めた事で、頭がグランビル探しに集中するようになったのもある。

 

良いのか悪いのか?

わからん。

でも、悪くなさそう。

「師匠が見ている景色はコレか?」という感じもある。

正直、15分足見てても、4時間足で走るのかどうかなんて全然分からんし、15分足の値動きなんて千差万別。意味ない気がする。

将来的にエントリを1時間足ではなく15分足とか5分足でやれればもっと成績上げられるのかもだけど、、少なくとも日足、4時間足、1時間足でブレないトレードができる事が前提だろう。それができるようになって、さらに下位足で攻められるのだろう。でも、抜けなかったら逃げるとか、めちゃくちゃ忙しそう…。今はどうでもいい。

 

勝率UPのエントリ方法
見つからんてば。

何か条件を設ければ勝率UPできるかと色々考えていたけど、、、

もう、諦めが入ってきた。。。

そんな条件見つけられん。

下手に絞ると、勝率UPしないのに、取り逃すケースが増えそうだし。

 

それよか、

「ここ抜けたら行くんじゃね?」

という所で、エントリ条件が整っていたら、「ハイ、エントリ」

逆行したら「はい、損切り」

「お、でも、やっぱいくのか?また整ったぞ。」

となったら「ハイ、エントリ」

。。。

これで資金増えるなら、もうそれでええやん、、、、

という気持ちになってきた。

負けまくるんだけど、、、

勝率50%しかないんだけど、、、

 

ちょとFT3追い込みすぎて疲れてるのもあるかな。。。

また後で元気になったら敗因分析しよう。あまり細かい条件でどうにかしようとしない程度に。。

 

負けてる感がハンパない

後から資金がのグラフを見れば、

「あー、増えてるんだー」

なんだけど、トレード繰り返している最中は、負けてる感がハンパない。

ロスカット、

微益、

ロスカット、

微益、

こんなんで資金がジワジワ削られていき、

「やっと勝てた。」

で資金がガツンと増える感じ。

で、また苦しい時期が続き、1回の勝ちでガツンと増える。

 

資金が増えない(むしろ減る)苦しい時期が長い!

で、資金が増えるのは1トレードで一瞬。

 

勝率50%とはいえ、勝っても微益というのも多い。

 

リスクに対して2倍以上の利益が得られたトレードは、総トレード数60回に対して、たったの13回。

つまり、

トレードの21%しか、

「勝った」

と実感できないわけだ。

トレードの80%は

「負けた」「微妙な勝ち…」

で占めている。

 

トレードして5回に1回しかまともに勝てないのね。。

 

自分が望む状態とは大きく乖離している。

どうりで心がスサムわけだ。。

 

「ガツンと勝てないトレンドない相場」だとどうなっちゃうの?

そういう不安がよぎる。

2019年のポンドルだと、10月24日~11月28日は日足で大きく保ち合いになったけど、プラスになってた。

まぁ大丈夫か。

 

ドル円だな。

ポンドは大きく動くので、たまにボーナスある。

ドル円だとどんな成績になるんだろう?

ドル円の場合、損切り幅が小さくなるので、大きく動かなくても利益が出るとは思うんだけど。

次はドル円やってみよう。

 

エントリはかなり機械的になってきて、楽になってきた

1時間足のエントリ基準が明確になったので、かなり楽になった。

5分以上悩むということはないかな。

日足、4時間足、1時間足でグランビル・Wトップなどが見えれば、ほぼトレード決定だし。

15分足見てないので、1時間足で「このライン抜けたらGO!」というだけ。

ダウの捉え方は「間違いないかな?」と入念チェックする。

日足抵抗前は基本禁止だけど、他があまりに整っていると悩む。

4HMA押し戻しからのトレードも、悩む。成績良くない印象。そうだ、いつの間にか、4時間の転換がトレードのメインになっている。4時間足の押し戻しは負ける事が多くて、転換だけやろうか、という気持ちにもなってきている。

 

まとめ

トレードは以前より型にはまってきた感じがする。

 

でも、

5回に1回しかまともに勝てないというトレード。

資金が増えない苦しい時期が80%。

これを受け入れることが必要だ。

 

受け入れることができれば、資金を増やせるかもしれない。

 

さぁ、散歩行って、歩きながら考えよう。

FT3ばっかりやってて今週は全然散歩行けてないよ。

日曜夕方くらいリフレッシュしよ。