2020年6月4日 FT3 USDJPY2019年

2020年10月7日

コテンパンにやられました。。

最恐のUSDJPY2019年だと分かっていたけど、イケるんじゃないかと思ってた。

でも、、、

全然ダメやん。

成績

成績

全87トレード

勝ち40、負け47

勝率 46%

損益率 1.28

 

最初に1勝9敗という状況になり勝率10%からのスタート。

でも1年続けてみないと分からないと思って続行。

後半、少し巻き返したけど、

なかなか厳しい結果となりました。

 

マイナス圏に半年。

リアルトレードでこの成績だと、耐えられない。

続けられないだろうな。。

 

感想

ポンドドル、ユロドルでは結果が出ていたけど、

それは、走った時の値幅がハンパないからだろう。

 

ドル円の印象は、、、

「ほんとにクソ走らん!(笑)」

エントリしたら、ちょっと走ってすぐ逆行。

1時間足トレードすると、まったく利益にならず、LCの連発。損切貧乏。

 

ドル円が大きく動くのは、日足MAタッチからの反発か、指標なのかなぁ。。? で、そういう動きは4時間足ダウを整えずに動くのでトレードできない。

 

「大雑把にトレードしていたら勝てない」という印象。

MAのサポートを待たずに、ダウ転換からエントリするくらいの気概が必要。

そんなに走らないので、コツコツ利食いしていく感じ。15分足も駆使しないとダメだ。

 

改善ポイント

師匠の動画も全部見返しながら復習し、問題点は3つだと結論。

 

①とにかくエントリが遅い!

グランビル第3波まで待っていると一歩で遅れる。というか、一波の値幅の中間地点すぎた所でのエントリになること多数。

そんな状況で1時間足トレードするもんだから、ちょっと走って逆行してLCの連発。

1時間足が転換するところ、MAに対して第1波になるところからエントリしていかないと値幅が取れない。

基本は15分足でトレードの方がいい。

1時間足でゆったりトレードしていいのは、日足のトレンド方向への動きのみ

15分足トレードするには、反転ポイントをできるだけ正確にするために、水平でのサポートの確認が大事になるんだ。

 

②上位足の節目の近くで、節目に向かってエントリ多発

各時間軸で重要な高安値(トレンドラインになるようなもの)を全く見ていない。

「MAが整っているから抜けて当然」と気にしてなかったが、相当ヤラレル。

節目の直前のエントリとなってしまっているのは、「①とにかくエントリが遅い」に起因するところもある。

十分、距離とってエントリしろ。

そういう節目を利食いポイントにするくらいにリスクリワードを確保しないとダメだ。節目を抜けたらボーナスくらいな位置づけ。

 

③デンジャラスゾーンが見えていない

負けて負けて負けまくる週がある。

これです。

日足

日足はどんどん安値を切り上げて上昇中。

しかし、時々、高値を切り下げてくる転換を狙った売りが入ってくる。日足MAを下抜けたあたり。

この領域では、買いと売りが交錯して、値動きが荒れる

下手に手をだすとヤケドする。

日足だけではなく、各時間軸でこういった環境の分析をしていない。

トレンドラインを引いていれば、保ち合いの最終局面が近づいているのが分かるだろうが、トレンドラインさぼってた。。

保ち合いの最終局面は危険。

そういう局面は手を出さずに、どちらかに抜けた後をトレードするのを基本とすべき

 

まとめ

結局、1つのチャートパターンを馬鹿の一つ覚えみたいに使ってもダメなのねぇ。。

大負けすることはなさそうだけど、確率ギャンブルになってる感はあるよな。

単純ルールの手法だけでは安定感がない。

相場環境をきちんと把握しないと。

そうなると、ルールを単純な言葉にするのって難しい。

時間軸ごとに基本セオリーで判断し、それを組み合わせてトレードを組み立てる。

そうやってトレード精度を上げていくものだ。

やっぱり職人技なんだなぁ。

でも、それが面白い所でもあるわけだし。

面白いけど、なんだかまたふりだしに戻ったようで、

「いったい何時になったら稼げるんだろう。。」

と不安が募る。

不安だからモチベーションが沸くわけだけど。

 

さて、

次はドル円2018年をやる。2019年をやり直したいところだけど、チャートが記憶に残りすぎてて変なバイアスかかっちゃう。

エントリ時点で、人に説明するつもりで口に出して説明してみよう。

15分足トレードが基本になるので、時間もかかるぞ。

でも、

「INPUTしたものを次こそキチンとOUTPUTするぞ!」

とワクワクしている。

頑張ろう。いくぞ!