2020年6月9日 FT3 ドル円2018年

2020年10月7日

アカンです。

なんか2年前から成長していないような気がしてきた。2年前にリアルで取ったトレードすら、取り逃すという、、、もはや退化してんのか、、、。

成績

資金変動

中盤で資金が伸びた部分を除けば、

レンジ!

増えも減りもしないレンジ!

 

全116トレード中、勝ち55、負け61.

勝率47%

損益率 1.41

 

正直、、

負けすぎです。

ドドドドドと連敗して資金を減らすので、全然資金が増えない。。。

 

改善が本当に難しい。。

ドル円2018年、2019年は師匠の解説動画が残ってるので、トレードして解説を聞いて、、、とやっている。

やはり、私のトレードは精度が桁外れに悪く、全く見当違いのトレードも散見される。

日足、4時間足でのセオリー的な値動きが分かっていないというのもありそう。

下位足(1時間足、15分足)で「整った」と判断する基準も間違いだらけな感じ。

あれがダメだった、これがダメだったと、ダメだし三昧。

 

悪い点が見つかるのはいいのだが、それがまた曲者。

なんというか、いくつかの判断材料があるのだが、それぞれの材料について、絶対的な基準がない。

「トレードするにはMAがxxxになっていなければならない。」

なんて基準を考えて設けたりする。

しかし、師匠のトレードは、そんな基準とは無関係のトレードがたくさん。

ガチガチの基準を設けてもトレードはうまくいかない。

結局は総合判断にしかなりえない感じ。

そうなると、総合判断の基準なんて師匠のトレードから察するしかなく、改善が非常に難しい。

 

よく見当違いなトレードをして瞬殺されるんだが、「xxxがダメだったな。」と考えても、その後のトレード解説で「xxxが完全に悪いわけじゃないみたい。」という事になり、

何が正解なのか全然分からね~~~~~

と頭を悩ませる。

 

自分には何か値動きのセオリーの知識が足りていないのか?

それとも、総合判断のやり方が間違っているのか?どう間違っているんだろう?

 

相場に正解などない。

しかし、トレード精度という面で、師匠とは雲泥の差がある。

正直、「神か!?」というレベルだ。。

 

「師匠のようになりたい。」

最初はそう考えていた。

でも、いつからか、「無理。プラスになればいい。」と考えるようになり、自分なりにやってきた。

そして大連敗するという壁にぶち当たる。

そしてまた、師匠の解説を聞いていると、

「師匠のようになりたい。。」

という思いがフツフツと沸いてくる。

堂々巡りだ。。

 

まだ、全く「進歩の手がかり」をつかめていない。

もう一度、ドル円2019年をやろう。