2020年7月4日 FT GBPUSD2017年

2020年10月7日

練習はまだまだ終わらない…

成績

総88トレード 38勝50敗

勝率 43%

損益率 1.38

 

なかなかエグイ成績ですな。

リアルで一時的に資金が増えていたのは、運が良かっただけだな。

 

試したこと

前回の練習で、「Wトップ・Wボトムに絞る」ことを課題にして始めたが、半年過ぎても資金は増えず。

途中でWトップ縛りを止めました。

少し迷走した後、

自分がトレードすべき局面だけを改めてトレードしよう。機械的にトレードしよう。

と決めて続行。

 

成績は増えて減ってのレンジだけど、 「勝つ」イメージを再確認できた。

「4HMAから離れていく動きを狙う」

これが私の一貫性。

 

次の課題

負けを減らす。

機械的にやっていくと、負けが多すぎて資金が増えない。

機械的にやっていたので、トレード数も相当多くなった。無駄トレードもかなり増えている。

そこから負けトレードを減らすには、、、

 

水平のサポート確認。

これでどうにかなるかも。

 

水平はうまく使えていないんだが、勝ってるトレーダーは必ずといっていいほど、水平を使っている。

改めて試してみよう。

 

さらに、水平に対して強いルールを設ける。

「4時間足で誰が見てもこの水平は意識されるだろう。という分かりやすい水平にサポートされた時だけトレードする。それ以外は見送り。」

これを徹底してみる。

 

今回練習したチャートで確認して、それなら負けを減らせそうな感じがある。

ただ、トレード数はかなり減る。

でも、それに絞ってみる。

 

まとめ

全く成績が安定しない。

でかい勝ちの数が多ければ資金は増える。

でかい勝ちが少なければ資金は増えない。レンジ。

 

でかい勝ちがなくとも資金が増える状態にならないと。

 

資金は減らないレベルにあるので、あと一歩だろ。

あとほんの少しだけ勝ち方向へ傾けることができれば、望む成績になるはず。

順番に1つ1つ試していこう。

 

次回はEURUSD2016年だ。