2020年7月20日 FT EURUSD2018年 理想形?

2020年10月7日

トレード局面を3つに限定した。

・4HMAグランビル第3波

・4HMAグランビル第1波(パターン限定)

・ズルリンパターン

さらに、日足を利用して、トレードをフィルタしている。

結果、理想的な成績になった。

ただ、トレード数が著しく少ない・・・。

 

成績

総トレード数17回 11勝6敗

勝率 65%

損益率 2.18

ドローダウンが小さく、右肩上がり。この成績なら満足。

ただ、月に1勝しかできないというトレード数の少なさが気になる。

また、リスクリワードが悪い。勝った時に、リスク1に対してリワード2を超えることが少ない。平均で、リスク1に対してリワード1.5しか取れてない。いや、トレード数が十分多ければいい数字なんだけど、トレード数が少ないから気になるだけ。

 

まだ1通貨ペアの1年分しかやっていないので、偶然に良い成績になっただけという可能性もある。もっと検証量を増やさないと。

 

なぜトレード数が少ない?

そもそも4時間足の転換だけを狙っている。

その転換についても、基本的にグランビル第3波しか狙わない。第1波で走っていって第3波が発生しなかったものは獲れない。

その上、日足の状況でフィルタをかけている。

 

今回のEURUSD2018年に限っては、日足でのレンジが4か月強くらい存在しチャンスが少ない。レンジブレイクしてトレンド発生かと思えば、4HMAの1波で進行し、トレンド発生中の値動きはほとんど獲れないという状況。

 

トレードが減る事は分かっていたが、月1となると、、、あまりにも少なすぎる。現実的でない。週1欲しいというのが希望…。

しかし、トレード数が増えても勝率が落ち、結局、1年のパフォーマンスが変わらないとなれば、疲れるだけで意味がない。。

勝率を維持した状態でトレード数を増やせないものか?

 

トレード数を増やすには?

通貨ペアを増やす

ただ、オジドル、ユロドル、ポンドドルは似たような動きをする事が多いため、トレードチャンスが同時期に集中しがち。証拠金の関係で全部同時にトレードはできないし。

しかも似たような動きとなるため、同時期のトレードは全部勝つか、全部負けるか、みたいな事になりがち。だったら1通貨に集中するのと同じ?

ただ、通貨ペアによって似た動きはするが、値幅が違う。片方は大きく取れたが、他方は微益しか取れなかったという違いは出る。そういう意味では全部同時も意味あるか・・・。

また、似たような動きだけど、エントリできる形に整うかは別問題なので、通貨ペアを増やすことで、トレード数は増やせるとも考えられる。

 

これが一番簡単で有効そうな対策。で、健全。

 

グランビル第1波をパターン限定にせず全部OKにする

勝率は落ちるだろう。第1波は難しいから。

ただ、大きく走る事も多く、トータルプラスは可能? 分からない。。

 

個人的に、勝率が落ちる対策には消極的。連敗がトレードを壊すトリガになりやすいため。。。

でも、これをトレードしないがために、大きく走る動きに乗れず悔しい感じは何回もあった。狙わないのはもったいない気もする。

成績を見たい。

次は解禁して、成績の集計を別にやってみよう。

 

4HMAのグランビルだけでなく、1HMAのグランビルを対象にする

トレードの全ての時間軸を1つ落としたトレードを許容する。

エントリは1時間足でなく15分足で行うことが必須。

トレーリングも5分足、15分足を使うことになる。

ただ、同様の成績が出るのかは不明。検証してみないと分からない

チャートを見ながら考えてみたが、、

劇的にトレードチャンスが増えるわけじゃなさそう。

時間軸を落としてトレードする箇所は限られる。

走っている4HMAに対する押し目買い、戻り売りを狙えるようになるだけだ。

そして、それは成績が悪化するということで封印した局面…。

なんで成績悪化したんだろうな?

エントリ・手じまいを時間軸を落とさないでやってたからかな?

 

この方法はあまり気乗りしないな。。却下。

 

軸とすべき基本

今回意識していた基本。成績もいい感じだったし、軸にしたい。すぐ忘れてしまうので、何度も書いて頭に叩き込む。

 

1時間、15分が走っているのを追わない

ダウがすでに進行している。MAが伸びきって勢いなくしつつある。

こういった場面でさらに追うエントリは厳禁。

走りそうだと飛びついて過去何度も負けてる。今回はこれを徹底してスルーしたが、「スルーして良かった」と感じることしかなかった。待っていれば押してきて絶好のエントリチャンスをくれる。

焦らず、落ち着いて無視すれば良い。

 

ボラが上がったらエントリしない

欧州オープンして、上へ下へと暴れ始めたらトレードしない。

エントリするのは1時間足でも認識できる保ち合いからブレイクするところだけ。

 

悩ましい事

走った後、さらに走るやつ

走った後、高値圏(安値圏)で保ち合いになり、そこで、「もっと走るぞー!」と形を整えてきた局面。

走ることもあるし、走らないこともある。

区別ができない。トレードするのはギャンブルに感じてしまう。

そういう所を機械的にトレードするか、捨てるのか、はっきりさせたい。

 →

捨てよう。負けの記憶が多すぎる。きちんと価格の押し戻しを待つべきだ。

そんな所で勝負して負けるくらいなら、リワードが期待できる4HMAのグランビル第1波で勝負して負けた方がいい。

 

トレードが怖い

練習なのに怖い。。

良い成績が続いている時ほど、負けるのが怖い。良い成績が欲しくて、成績を作ろうとしている。

そして過剰に慎重になりすぎる。見送る。

こういう事が頻発し始める。

ストレスが大きい。疲れる。FXやめたくなる。

機械的にやらないと検証にならない。

もっと機械的に、負けても何も動じずに、気楽に、淡々とトレードしたい。

 

次は機械的にやろう。根拠ない見送りは無くす。

そして、それで満足いく成績が出るからこそ、将来も安心して機械的に淡々とトレードできる。

ストレス少ないトレードをするためには、練習から機械的なトレードができないとダメだ。

次の大きな目標にしよう。

成績は気にするな。作るものじゃなくて、後からついてくるものだ。

 

次回、トレード方針

グランビル第1波を解禁する。

根拠ない見送り禁止。見送る場合、その根拠を口に出して説明すること。

 

まとめ

さ、次は負けを恐れずに、成績を気にせず、もっと気楽に機械的にトレードしていこう。

相場の値動きはランダムウォーク。トレードや成績に完璧を求めすぎちゃダメ。

気を抜くと、完璧を追い求めてしまう。ある程度の所で妥協しないと、一生練習だけで終わっちゃうぞ(笑)

 

さぁ、あと少し頑張ろう。