2020年7月24日 FT EURUSD2017年 リアルトレードまもなく再開か

2020年10月7日

もうイケる。

自分のトレードの問題が分かった。

トレードスタイルも固まった。

まもなくリアルトレードに復帰する。そして、再び1トレード最大損失5万円から再スタートして、今度こそ成功させてみせる。そして軌道に乗せてみせる。

 

成績

全39トレード中 23勝16敗

勝率:59%

損益率:1.61

 

道中で5連敗を2回くらった。それでも、資金は増えている。勝率も安定の50~60%。もうこれで十分。

グランビル第1波を解禁したからか、トレード数は増えた。月2くらいで勝ちトレードがあるペース。単純計算で、4通貨監視すれば、月8=週2になる。週1勝できればいい。これならやっていけそう。もちろん、相場次第だけど。

 

ついに自分のトレードの問題に気づいてしまった

問題は勝率ではない。損益率でもない。

これに気づいた事で、妙に自信が沸いてきた。今ならやれる気がする。

 

自分のトレードへの信頼

大前提として自分のトレードを信頼しきる事が必要。

 

数か月前までは、何かフワフワして安定しない感触があった。エントリしたらチャートガン見で、損切も15分足でビビりまくって建値決済したりして問題になっていた。

しかし、試行錯誤しながら16年分練習した事で、自分が狙うべきトレード局面が確定できた。さらに、損切りも初期LCのまま放置するメンタル負荷すくないトレードスタイルでトータルプラスが出ることも確認できてきた。

固まったトレードスタイルで「年トータルプラスが出せる」という実績が大切。

さらに練習を積み上げて、年トータルプラス出せることが確認できれば、どんどん信頼は深まっていくだろう。

 

連敗なんてよくある事さ。
自暴自棄トレード撤廃宣言!

今回の練習トレードで、5連敗を2回もくらった。

資金の推移も、

30万→10万→40万→20万→60万→80万

という感じ。

30万の利益が10万まで減って1/3になってるんですよ。40万までいった利益が半分の20万に減ったりしてるんですよ!

先日までの自分がリアルでこれを食らったら、、

「全然ダメじゃん!!」

となるような資金変動。

実際に数か月前、リアルで利益80万が40万まで減った。そこで私はぶっ壊れた。

ぶっ壊れて、自暴自棄になり、スキャをやったりという訳の分からないトレードを繰り返し、残っていた40万の利益も吹っ飛ばした。

 

まず、初期の頃は利益が半分とか1/3に減るってのは「そんなの日常茶飯事だ!」って理解がなかった。

連敗が続くと、ジワジワ資金は減っていく。5連敗すると、絶望を感じてぶっ壊れていたが、それが間違い!

絶望なんて全く感じる必要ない。絶対にぶっ壊れちゃダメ!

 

なんというか、、年トータルの成績で見れば、トレードスタイルが少々不安定でも、負けない。

試行錯誤しながら16年分をやってきたが、トータルプラスにならなかったのは1年だけ。残り15年は全部トータルプラス。

とち狂ったトレードをしない限り、負けない!!

だから、どんなに連敗が続こうとも、トレードスタイルを崩さずにトレードを続ける事が大切。臆する必要もない。ましてや、ぶっ壊れて自暴自棄トレードなんて絶対するんじゃない。自信を持ってトレードを続ければいい。

 

「どうせ、年ベースで負けるはずがない。」

自分のトレードへの絶対的な信頼。それでも、大きめのドローダウンは出てしまうという理解。それでも、年トータルはプラスにしかならないという自信。

私に欠けていたのはコレ。

本当にそれを理解して納得していれば、1回1回のトレードの勝ち負けなんてどうでもよくなるはず。その言葉の意味が分かってきた。

トレードスタイルを固めて、ひたすら過去チャートで練習し、「どれだけトレードしても、やっぱり年トータルプラスになるよね」という実績があるから、信頼できる。納得できる。自信が持てる。

 

なぜ気づくのに時間がかかってしまったのか?

理想像と現実のギャップが埋まらなかった。

自分の理想は、ドローダウンがすごく小さい事。具体的には2連敗分のドローダウンしか許せなかった。2敗分ならまともに1勝すればトントンになり、精神的に楽だからだ。

でも現実は違った。3連敗、4連敗、、、とドローダウンが発生。ぶっ壊れた。

そのため、「どうにか勝率を上げられないか」にこだわった。

負けを減らすために試行錯誤が始まった。

それ自体は問題ではないが、勝率を上げるのは非常に難しい事だった。せいぜい勝率60%がやっと。50%を切ることもあった。

 

でも、ふと気づいた。。

16年分やって、自分のトレードって毎回トータルプラスになってんじゃん。1年だけマイナスの年があったが、他の15年分はプラス。

5連敗とか大連敗をくらったりして大きいドローダウン出るけど、でもやっぱり、最後はプラスになってる。

相場のプロ相手に、これだけ安定して年間プラスが出てればすごい事じゃん。。。

 

勝率なんて無理して上げなくても、今のままでいいじゃん。

連敗を気にしなきゃいいだけ。

それが自分のトレードが生み出す資金変動の性質なんだよ。

最後は勝てるんだから、それでいいじゃん。

 

これに気づくには、大量の過去チャートでの練習が必要だった。

 

日足を分析するようになって、相場の見通しが良くなってきた

勝率UPのため試行錯誤しながら練習してきたが、一番効果を感じたのは、日足の分析だ。

 

転換狙いでたくさん負けた

今回の練習でもたくさん負けたが、その敗因分析でも活躍。

すごい事に気づいてしまった。

日足が上昇トレンド中に高値更新して高値圏で推移している場面。ここで4時間足の転換を狙って負けまくった。

ポイントは日足のトレンド。日足が高値を超えて上昇中なので、4時間足のダウが下落転換しても、押し目買いが止まらない。押し目買いの勢いが弱まるのは、日足でWトップとか高値切り下げが見えてきた辺りから。つまり、それまで転換売りなんてやるんじゃないよ!ってこと。

 

それとは反対に、4時間足の転換を素直に狙っていい場面がある。日足が上昇トレンド中に、日足で押し目を付けて調整の動きになっている場面。そこから4時間足が転換する場面は素直に狙え! そこは日足でも押し目買いが入ってくるので、素直に転換しやすい。

 

これって日足をきちんと見てないと分からない事。

分析というほど大したものではないのに、効果絶大!

今までは、4時間足の転換は、どれも同じに見えていた。でも日足を理解していれば、4時間足の転換にも転換しやすいものと、転換しにくいものがあると分かる。

大発見だ。

1か月前の自分より、はるかに相場が見える。

 

週足すら意識すべき

週足が上昇トレンドを築いていれば、

「あー、ここら辺は週足の押し目買いが入りやすい価格帯だ。売っても走りにくいだろうな。」

という事が分かる。

トレンドライン、MA、ダウ

という基本的なもので、強い抵抗・サポートの存在が把握できる。

そういう抵抗へ突っ込むような値動きには乗るべきでない。逆にそういう抵抗で反発した動きには乗っていくべき。

 

日足グランビル第3波は破壊力抜群

絶対に取り逃すな!!

というくらいに、よく走る。

資金を大きく増やすチャンス局面だ。

(練習では取り逃したりしちゃったが…)

年に数回しかない。

日足グランビル第3波はロットを2倍とか3倍にして勝負してもいいくらい。圧倒的に他の局面より大きなリワードが期待できる。

こういう所でメリハリをつけられるんだなぁ。 

 

リアルトレード復帰前に済ませたい事

下記2年分だけ練習して問題ない事を確認したい。

EURUSD2015年:以前コテンパンにヤラレて唯一年トータルマイナスを出した年。固まった今のスタイルでリベンジしたい。やっぱ負けるのかな?

USDJPY2019年:ドル円は他の3通貨とトレード方法が若干異なる。そのドル円で一番難しいのが2019年。ドル円はしばらくトレードしていないので、その感覚を確認しておく。今のスタイルでどんな成績になるのかも興味ある。ただ、、、何度もやってるので値動き覚えてる所も多いのよねぇ。。

 

まとめ

先週は

「勝率上がらねぇ。。。FXで稼ぐのって無理かも。。」

と絶望を感じていた。

練習疲れも相まってモチベーションも下がりつつあった。。

 

一転、

今は希望に満ち溢れている。

ほんと、絶望と希望の繰り返しだ。

「頭おかしいんじゃね?」

ってくらいに。。。

 

リアルで大負けして、しばらくリアルを離れていただけに、若干、リアルに対する恐怖が沸いているのが気になるが。。

気持ちに問題なければ来週からリアルトレードを再開していこうと思う。

 

練習は継続する。とにかく何度も繰り返し、今のスタイルを定着させる。さらに、年トータルプラスの実績を積み上げる。敗因分析は続け、改善を続ける。

 

いや、ほんとにもう後がなくなってきてる。

FXで稼げないのなら、身の振り方を考えないといけない時期に・・・。