2020年7月29日 AUDUSD(ー)

リアルトレード復帰。

朝9時過ぎの買いエントリ。

エントリ位置が良くないので、猛烈売りが入って、速攻LCも十分ありうる。

でも、整ったらトレードする。全トレードで勝つことを期待しない。負けても気にしない。負けに慣れる。

これを大切にしてリアルトレードに臨む。

(ちなみに、他通貨は先週からガンガンに走ってる最中なので、今週はチャンスなさそう。)

日足
日足拡大

コロナでの下げを全て帳消しにするV字回復で、ガンガンに上昇中。帳消しどころか、さらに上にブレイクしてきている状況。

日足MAを一旦水平にして、そこからグランビル第3波の上昇がすでに開始している。

ポイントは、

長期の保ち合いから上抜けたばかりなので、まだまだ上昇余地があるだろうという事。グランビル第3波の上昇も開始したばかりで、さらに加速していく可能性は十分ある。

オジドルは走り出したら止まらない、という性質があるので、それにも期待。。

4時間足
4時間足拡大

4HMAを下抜ける調整が入ってから、再度上抜け、4HMAに対するグランビル第3波の局面。

エントリが直近高値の直前というのが、厳しい所。売りが入りやすく、抜けるのも簡単ではなさそう。

しかし、日足の状況的に、この高値は上抜ける可能性が十分高いと考えられるので、トレードできる。

「もっと安値でエントリできんのか?」という心の声はあるものの、自分のスタイルではここになってしまう。もっとも、4HMAは水平から上拡散しようとする局面であり、その点ではここが「安い所」と言える。

1時間足
1時間足拡大

1HMAに対してもグランビル第3波の局面。ただ、それって「遅い」ってことでもある。

結果論ではあるが、1HMAを上抜けるところ(今の損切ラインの価格)でエントリするのが理想だったか。

まぁ、見てなかったし、、。言っても仕方がない。

15分足
15分足拡大

15分の転換で入るか、1時間の高値抜けで入るか、ちょと迷った。

1時間の高値も抜けられないでLCというのはあまりに悲しすぎるので、1時間足高値抜けでのエントリとした。

トレード結果

建値撤収。

15分足

高値抜けて走りだすかと思ったが、その押しが15分MAを割ってしまった。

目立つ高値もいくつかあったが、下抜けてレジサポ逆転できなかった。

1時間ダウが崩れるまで我慢するという選択肢もあったが、手じまいを選択。

それにしても、走らんかったな。今晩のFOMC発表待ちで動きにくいのかな。

久しぶりのリアルで感じた事

LCを完全に受け入れられていない。

何度も自分に「負けたっていい」と言い聞かせて、落ち着かせる事が必要だった。

チャートを見ない方がいいのだろうが、見てしまう。

なんだか以前とあまり変わってないような…。

うーん、、、。