2020年8月26日 EURUSD(ー)

21時ちょい前の売りエントリ。

 

オジを手じまいして、しばらく様子見かと思っていたんだけど、このユロもちょい気になっていた。

ただ、オジ、ポンドとは真逆の売り方向。「どうなんだ?」という躊躇もあったんだけど、まぁまぁ形がキレイで、下有利が見えていたので思い切ってエントリした。

で、無事に下抜けを確認してから、記事書いてます。(ただ、戻しが一切なく一気下げとなっているので、一気戻しで昇天する可能性もあり。。。)

日足
日足拡大

上昇トレンド。上昇ダウ。

大きな上昇から保ち合いになって、日足MAが水平になってきたところ。ダウ的には直近でも高値更新しているので、当然に押し目買いが入ってきやすい。

ただ、4時間足でWトップを作って、日足レベルの高値切り下げポイントが見えてきている。日足MAも水平だし、前回安値を叩く動きになってもおかしくない。

エントリ後、すでに叩きにいくような強い下落になってきたが、日足を崩すのか、強い押し目買いが入ってくるのか、それは分からない。

4時間足
4時間足拡大

下落トレンド。下落ダウ。

日足レベルの高値からの下落ダウが継続中。直近で安値切り上げからWトップを作っていて、日足MAにもタッチする水準だし、上昇転換しようとしているが、上昇転換させられないという局面。

既に4HMAは日足MAにデッドクロスして、さらに下向きに走っている。価格は上抜けているが、まだ売り圧力がかかりやすい。

下げ始めた場合は、Wトップのネックを割れるかどうかが最初の壁になる。

ただ、Wトップの頭は何の節目にもなっていない。まぁ、Wトップだからいいか。

1時間足
1時間足拡大

下落トレンド。下落ダウ転換でしょという場所で売りエントリ。

LCラインは一応、節目と言えるレベルだと思う。

上昇しようとするも、頭を押さえられてきて、前回の安値を割ろうという局面。欧州オープンで一瞬割ったがヒゲで返されている。そのラインへ再チャレンジの局面。

頭は1HMAに押さえられて、1HMAのグランビル第3波の局面。

三角保ち合いの上昇トレンドラインは既に抜けつつあるので、下抜けてもおかしくないと思うんだけど。(逆に、「なぜ踏ん張ってるのか?最後の屁のツッパリなのか?」買い方の根拠が見えてないのがちょい心配ではある。)

一番気になるのは、1HMAが4HMAの上にある。デッドクロスはまだまだ時間かかりそう。下落し始めたとしても、「デッドクロスさせーん!」という急上昇もありうる。まぁ、そうなったら薄利か建値撤収することになるだろうが。どうでしょうねぇ。あまり好きじゃない形ではある。これが最大の懸念。

15分足
15分足拡大

欧州オープンから殴り合いが続いてましたが、Wトップをヒゲで作って安値割れの動き。MAも収斂から拡散の形でいける形。

ちょい損切幅が大きいのだけど、まぁ仕方ないかな。ギリ許容範囲内という感じ。

トレード結果

期待通りに下げ始めてくれたけど、大きめの戻しもきてる。まさか建値撤収になってしまうのか?NYオープンで、どう荒れてくれるのか、少し心配だ。

15分足

バビョーンとV字回復。建値撤収。

オジが高値更新してるな…。下じゃなく上に決まったのかな・・。