2020年8月28日 今週の振り返り

今週は、-6万円で着地。

0勝1敗2分

 

今週はメンタルがひどかった。

「いけてないトレードしてんなー!」

「獲れなかったなー!」

こんな気持ちで一杯。

気持ちが全開でリアルに復帰してしまい、「勝ちたい」「負けたくない」衝動が強くなりすぎてた。

変な夢まで見るし、、、。

1つ1つ振り返ります。

ドル円、師匠取ってた

USDJPY 1時間足

師匠はココで入ってた。

ダウ的にはアリだけど、このMAの形が気持ち悪かったんだよねぇ。

まぁ、これが取れなかったのはいい。

別に気にならない。

オジドルの逃げトレード

肝が据わってないなー。

握ってれば勝ってたのに。

4時間足でキレイにサポートされてたし。

でも、4HMAタッチなしなので、もう一回下押す可能性もあり、MAの状況的に下へ抜け落ちるというのもあり得た。そういうのを考えて怖がりすぎ。

割り切れてないんだよねぇ。。

今日のAUDUSD

AUDUSD 1時間足

今朝9時にここで買おうか迷ったあげく、やめた。

・でかいイベントがあった翌日は大きなトレンド出ること多い。と意気込んではいた。。。

・形としては、1時間ダウを一旦崩してから、再度上昇ダウを作ってくる動き。足元は15分足で3回サポートされた。

・足元は4時間足でキレイにレジサポ逆転

なんだけど、

これは私が狙っている4HMAグランビル第3波じゃない

・これ、「取り返したい」衝動によるトレードじゃない?

・メンタルやられてて、これで負けたら、耐えられん。今週はマイナスで終わるけど、これ以上資金を減らさずに週末を過ごしたい。

で、めっちゃ上げたな。。

損切幅小さかったので、トレードしてたら爆益でしたな。

胃が痛い。。。

いや、そもそも自分がトレードする局面じゃないんだって!

忘れろ!

EURUSDの負けトレード

これね、

「欧州オープン初動でエントリしたのが悪い!」

と、負けた直後は思ったけど、よくよく考えると、自分の分析もイケてなかったような気がしてきた。

・まず、「上だ!」というバイアスかかりすぎ。4時間足で2回(3回)止まった節目の直前やん。こんなん戻り売りされるに決まってる。

・4時間足の直前の下げで安値更新してる。安値切り上げが必要だが、1時間Wボトムが小さすぎ。そのWボトムって、4HMA抜ける1波の最後のトコとも言える。上バイアスで「乗りたい」が優先してる。

・その夜はジャクソンホールのでかいイベント控えてる。その数時間前に仕掛けるか? いや、正直、なめてた。最近の雇用統計より動いたやんね。。

 

ただ、やはり欧州オープンの初動に順張りはもうやらん。逆を試したのを確認してから乗るぞ。

 

15分足で逃げる問題

なんか長年(?)のこの疑問に1つの道がひらめいた。

結局のところ、自分の見立てが外れることが多いから、15分足で逃げようとしてるのよね。

見立てを100%当てるなんて不可能だけど、師匠のように、それなりの精度でトレードを組み立てられると、初期LCで放置することができるんだろうな。

もし、それくらいスキルが上がったら、自然と、

「15分で逃げるから取り逃した。」

という事例が頻発してくるはず。

逆に

「15分で逃げて良かった事のが少ない」

という状況になってくるはず。

そうなったら、15分で逃げるという悪癖はなくせるんだろうな。

逆に、見立てを外しまくるうちは、逃げるのもアリかな、、と思ったりして。

 

でも、今週は

「逃げずに握っておけばよかったやん!」

という感じだったので、きっと来週は握って負けるんだろうな~(笑)

その時の気持ちで、握るか、逃げるか変わってまう。

もうどっちでもいいよ。自信あれば握ればいい。怖けりゃ逃げればいい。

たぶん、大差ない。

そんな所が成績に大きく影響するわけじゃない。

問題は、最初の見立て。トレードするのか、しないのか、その判断スキルだ。

 

まとめ

記事を書く前は相当落ち込んでいたが、書いたら少し楽になった。

リアルトレードに戻った途端に、心が揺さぶられまくるな。

なぜか急に焦りも出てくるし。なんだこりゃ。

 

まぁでも、メンタル乱れたらノートレードが正解や。

そういう点は少しだけ〇。

 

そして、そういう荒れた感情にそろそろ飽きてきてるような感覚も。 「またか…」みたいな。だって、同じ反省を何度もこの記事に書いてるわけで、飽きるわ!

もう少ししたら、何も感じなくなるかもよ。

 

相場が動かない週末があるのはいいな。またリセットして来週頑張ろう。