2020年9月14日 AUDUSD(ー)

2020年9月16日

22:45の買いエントリ。

週末は暴落とか思っていたのに、よくよくチャートを見たら、今から上を試すところだった…。ただ、「もう崩れる」と感じさせるような売りも強く感じる。

どうなることでしょう。。

日足
日足拡大

上昇トレンド。上昇ダウ。

緩やかな上昇トレンドラインを一瞬割って「崩れる?」と感じていたが、

過去の高値にサポートされて反発しようとしている。

トレンドライン抜けがダマシになるのか、下落転換の予兆なのか? わかりません。

まぁ、まだ明確に高値切り下げは見えていないので、日足トレンドフォローとしては押し目買い局面にすぎない。

4時間足
4時間足拡大

私にとって非常に大切な4時間足。

上昇トレンド。ダウ不定(下落ダウが崩れた)。

直前の下落が大きく勢いがあるもので、日足レベルの上昇トレンドラインも下抜けたので、日足レベルでの下落転換へつながるような感じもする。

が、そこから切り返して上昇。直近高値、下降トレンドラインを上抜き、下落ダウを終了させた。そして、その押しが、日足レベルの高値、上昇トレンドライン、4HMA、日足MAにサポートされて、再上昇できるかどうかという局面。4HMAグランビル第3波でもある。

ただ、第1波の高値も売り叩かれて長い上ヒゲ陰線となっていて、売り圧力も強い。

この位置で売り買いの攻防が発生しているが、第3波スタートの形が見えればトレードしたい局面である。

1時間足
1時間足拡大

下落トレンド。上昇ダウ確定でエントリ。

4HMA第1波の上昇ダウが崩れて保ち合いになっていた。その保ち合いから下降トレンドライン、直近高値を抜けて上昇ダウを確定させる所で買いエントリした。4HMAグランビル第3波のスタートと判断した。

1HMAはかろうじて4HMAのデッドクロスを避けて上昇拡散できるかという位置。

このトレードがLCとなったら、日足レベルの高値切り下げが見えてくる。損切幅が合えば、ドテン売りも可能えはないかと考えられる局面でもある。

15分足
15分足拡大

またしても一気上げ。

これでエントリとなると、いきなり深い押しが入りそう。勢いがあるのは良いのか悪いのか。

トレード結果

3時間くらい経ちますが、全然走らないですねぇ。。ダメなんかな?もう寝ます。おやすみなさい。

1時間足

建値撤収。。

15分足トレードであればリワード1くらいの利食いになっていたが、一応、日足のトレンドに沿っているので、1時間足トレードにした。

が、1HMAで反発できず突き抜けてしまったため、建値で手じまいするという結果となってしまった。

チャネル上限ラインが気にはなっていたんだよねぇ。。過去2回急落していたので。で、今回も全く踏ん張ることなく急落となってしまった。

売りが強い。日足レベルの押しが深いという事からも、こういう事を予測して利食いすべきだった?

チャネル上限で半分利食いも考えたが、リスクリワード1:2に達していなかったので見送った。個人的都合でしかないのだが。

前回の急落でも含み益8万円→建値手じまい。今回も含み益8万円→建値手じまい。

うーん、、利益が出せないなぁ、、、。

しょうがないよね。

こういう流れが出ない相場の時は、我慢するしかないんだろうね。トレードって我慢が多いね。

でも、いい発見をもらえたトレードでした。

次のチャンスに備えつつ、FTの検証に励もう。