FT練習 EURUSD2019年10月29日(×)

はい、負けた。

ある意味、健全。勝ち続けるなんてあり得ないし。

全体像
拡大図

これはちょっと厳しいか、、と思いつつも、抜ける可能性はあるのでトレードした。

4時間足では既に下落ダウが進行しているが、勢いがなくフラッグぽい緩やかな下落だった。

まぁ押し目買いが入ってくるだろうから、調整っぽい動きなんだろう。

ここからのシナリオは2つ考えられた。1つはフラッグとして調整完了して上。もう1つは、押し目買いの最後のチャンスとも言える局面で、押し目買い入りきらず、買い方の損切巻き込んで急落。

どちらもありうる。

ただ、日足が問題だ。

日足

日足MAが上向きで迎えにきている。これをそのまま抜けられるのか? 落ちるにしても、一度は反発しそうなもんだよね。上昇トレンドラインも抜けるか支持してくるかの最終局面。荒れる可能性もある。

そんな状況だったが、

日足の節目を下抜けて、その戻しが節目で頭を押さえられてきた。

それでも、見送りも考えていたが、

なんと1時間足でトリプルトップをつけてきた。そこまで止まるなら売るしかないか、、、という気持ちになった。。

 

エントリ後は、一応下げたが、Wボトムを作って強い買いが入ってきた。それでももう一度売られたが、安値割れず、上抜け。

正直、逃げられそうなチャンスはいくつかあったが、初期LCライン(日足の節目)を信じてみよう思った。で、LC。

 

まとめ

裁量判断は難しい。

「このトレードは見送るべきだった!」

と言い切れるものじゃない。

これくらい負けてもトータルの成績が安定する感じになればいいな。

そうならなければ、裁量判断に悩むという解決しない無限ループに陥る…。