FT練習 EURUSD2019年10月30日(×)

連敗。。(汗)

ちょっと自信あったんだけど。自信あるほど負ける。

全体像
拡大図
日足

日足レベルでの押し目買いが入り、4時間足では下落ダウが崩れたところ。

4時間足ではWボトムを完成させていて、4HMAも水平。上に下降トレンドラインあるも、まだ距離はある。

Wボトムのネックが日足レベルの節目だったのだが、上に超えて、節目で支えられての上。

1時間足でWボトムも作っている。MAも良好。

 

結果は負け。

もう少し上の下降トレンドライン、ネックのレジサポラインくらいまで走ってもいいと思った。Wボトムを完成させたばかりだし。こんな所で売りが入るんだ、、、と意外な感じ。

ここで売られる理由が分からない…。

と思って考えてたら、「半値戻し」だった。

でも、トレード前に気づいたとしても、トレードしただろうな。見送り理由にはならん。

 

これまでのトレードとの違い

第1波の抜けが甘かった。

第1波の高値からヨコヨコでWボトム作って上

という感じ。

もし、こういうケースで良く負けるなら、見送り条件になる可能性もある。

が、この単一トレードだけじゃ、なんとも言えん。もっとサンプル積んでいかないと。

で、負けトレードの共通点を見つける作業だよね。

 

まとめ

負けたけど、しょうがないよね、、というのもある。

日足レベルでの押し目買いをしたのと同じだけど、それが走らないなら、負けてもしゃーないでしょ。

 

追記

1時間足

トレード後の深夜に大きく乱高下する値動きがあった。

何か重要イベントを控えていたのかもね。それでトレード手控えが入ったのかも。

結果的には上で、もしイベントなければ素直に上に動いていたかもね。