FT練習 EURUSD2019年11月7日(×)

3連敗。

希望の光なんて、いつも幻なのさ。

全体像
拡大図

日足でWトップ完成している局面。

4時間足の直前の高値は水平的に微妙なのでパス。

でも、下げた後、Wトップのネックラインの下にもぐって推移(東京時間)。

「これはネックラインを小さな高値切り下げポイントとして、ズルリンするやつでは?」

ということで、トレード&LC!

 

な・ん・で、切り返された?

考えられるのは、

「1時間で目いっぱい走って、日足Wトップを完成させてゴールした。次のスタートは戻した後。」

ということかな。

1時間足でかなり走った後を安値掴みしただけか?

1HMAが水平に戻して再スタートだったので、いけると思ったんだけどね。

 

『4時間足レベルの戻しをしっかり待て、、、』

言うは易し。判断は難し。

4時間足では水平微妙だけど戻しは入ってるしね。

他の勝ちトレードも似たような感じで取ってるようにも見えるし。

違いが見当たらん。

 

まとめ

あやうい雰囲気になってきたが、

気を取り直して次いこ。