FT練習 USDJPY2019年 まとめ 悲壮感…NO!まだまだ

何度でも打ちのめされる私…。

成績

またしても瞬停でFTの履歴が途中からぶっ飛んだ。UPS買うのをケチってるから解決しない。

ということで、4/8までしか残ってなかった。もうちょっとやってたけど、まぁいいや。

全32トレード中 15勝17敗

勝率 47%

損益率 1.86

 

コテンパンですな。

負けまくる原因

レンジですなぁ。。

4時間足

日足MAと4HMAに挟まれて、身動き取れなくなってた。こんなトコでトレードしても値幅が出ないのでヤラレルだけ。

こういう4時間足のトレンドが出ていないと気づいたらトレード中止すべきだ。抜けるまで放置すべきだ。

4時間足

これもレンジ。

4時間足

これは一般的な高値圏での値動き。負けトレードもあるけど問題ないレベル。

 

まぁ、とにかくレンジ対応ができてない!

今のやり方でどこまで通じるかと思ったが、、

レンジにかなうはずなし!

考えりゃ分かることだ。。。

 

成績改善のポイントはダウの把握ではなかった?

「ゆったりダウ」で把握することがポイントかと思い込んでいたが、そうでもないような気がしてきた。。

トレードの成績を改善するだろうポイントは、

転換でのエントリを徹底

これは絶対。

トレンドが出ていたら容赦なく攻める

これ!

自分が出来ていなかったこと。

負けを無くそうと思うな。

トレンド出ているときに押し目買い・戻り売りしてるならほぼ問題ない。

たとえ損切になったとしても、その後に再度整ったら、再エントリせよ。ひるむな。

考えすぎて怖がりすぎて、、というのがダメ。

迷ったらエントリしろ。エントリした後に考えろ!

自分にはそれくらいが丁度いい。

レンジ相場に手をだすな

レンジ入りの最初は分からない。そこでトレードして負けるのは必要経費。

でも、1度負ければ気づくはず。上も止まった、下も止まったと。

そうなったら抜けるまで手をだすな。

 

レンジ相場になる理由は、日足、4時間足にある。日足と4時間足の逆方向の勢力が近距離でぶつかり合うと起きる。事前に察知できるといいけどね。ただ、レンジ入りしていない段階なら、リスクを把握した上でトレードするのもアリだろう。

 

まとめ

トレンドが出ている所はトレードする!

トレンドないレンジではトレードしない!

 

このメリハリだ。

走らないかも、、エントリ直後に逆行するかも、、という未来に対する不安は意味ない。どうやっても取り除く事はできない。

 

エントリして、ヒゲ損切とかに合うとかじゃなく、その後も全然逆方向に動いたとしたら、たぶんトレンドの把握が間違ってる。そこには何か見直すべき事がある。

しかし、エントリして、自分はLCになったが、その後、ちゃんと狙った方向に動いているのなら、何も問題はない。

負けトレードの中にも問題ないもの、問題あるものがあるが、区別が少し分かってきたような。

 

また別の年をやってみよう。

もう少し、あと少し、、。