FT練習 EURUSD2019年 まとめ リアル復帰するぞ

やり方はこれで固める。

これが一番いいと分かった。

もう変えない。これを軸にする。

成績

全77トレード中、47勝30敗

勝率:61%

損益率:1.30

 

理想的な資金曲線。十分すぎる。

中盤で全く資金が増えなくなった。自分が下手くそで取り逃すのも多いし、ヒゲで狩られて微益で終わるという運の悪さもあった。しょうがない。

 

ちなみに過去の成績。

過去のと比べて良い感じになったのが今のやり方への自信になる。

 

トレード方法

「ゆったり15分足ダウ」は廃止…。ダウ判定がブレブレになって混乱が続いてしまう。

ダウは1時間足ダウを使うことにした。

トレードは1時間足ダウの転換でのみエントリする。

例外的にダウ継続中のWボトムや3波動調整で入る可能性もあるが、あくまで例外。間違った使い方をすると成績悪化の危険ある。大きく走った後の最後の踏ん張りにすぎないケースもあるので。条件としては、しっかり価格の押し戻しをして、反対勢力の流れが見えた後での反転であることが必要。わかりやすい節目でのサポートも必須。

しっかり値動きがある場合は、機械的に攻めていく。

手じまいは今まで通り。

 

成績を左右するポイントは保ち合いの対処。上もある、下もある、という局面。

 

保ち合いの対応方法

保ち合いになったかどうかは、最初は分からない。

それまでは普通にトレードするだけ。で、負けトレードが生まれる。そこで、「あれ?レンジ?」と気づくことになる。このレンジってのはトレンドが消えた状態。

4時間足レベルでレンジを作ったら、抜けるまで手を出さない。これが基本。そして、これを徹底した事が今回の大きな変化。成績の安定につながる。

保ち合いではMAは機能しない。MAにつられてトレードしないこと!我慢しろ。

 

でも、保ち合いでもトレードする事がある。

トレンドが転換するところ。これはダウで転換判断してトレードしかける。

ダウできちんとトレンド判断できる場合は保ち合いだろうが、普通にトレードしていく。というか、一見すると保ち合いのようだけど、転換の形を作っているだけだから。

「ダウがわけわからーん!」「セオリー通りに動かないー!」でトレンドが見えなくなったら、動くまで何もしない。

 

もう1つ、保ち合いになっていなくても、日足の節目には近距離で絶対に立ち向かわない事。これも徹底する。

 

もう1つ、大きく走って高値圏、安値圏でウダウダしてる場合、さらにそこからトレンドを追って負けるパターンが多い。しっかり価格の押し戻しを作らない限り、追わない方がいい。

高値圏・安値圏でウダウダになったら、転換狙いをメインシナリオとすべき。

 

勝率は61%でも、微益多数

まともな利益になるトレードは少ない。

 $300以上が24回。31%

 $500以上が15回。19%

(1回の最大損切は$500が目安)

 

何が言いたいかというと、資金が増えるトレードは相当少ないので、我慢の時期が長いってこと。

5回トレードしたら、まともな利益が1回で、2回は微益、2回は負け。

こんな感じになる。

リアルトレードでも、こんなもんだと理解しておかないと、トレード続けられないよ。

 

1時間足トレードにする理由

やっぱ15分足は難しい。

損切幅を抑えてリスクリワード上げたい、というのはあるが、間違った方向へポジることも多数になるので、きちんと損切していく事が必要。負けが嫌いな自分にはつらい。

また、15分足だと入るタイミングが取れないこともある。そういう場合は1時間足でエントリかければいいんだけど、15分足よりも不利な位置で入ることに抵抗が生じて、エントリできなくなったりという弊害も起きてしまった。

また、15分足だとチャンスを見逃すまいとチャート張り付きになりがち。1時間足の方がゆったり構えていける。指値しやすいし。

 

結局、、昔の基本トレードへ戻ってきた…

これまでいろいろトレード方法をいじくってきたけど、

結局、1時間足を使った基本通りのトレードが一番安定するという事が分かった…。

で、

昔はそれで大きなドローダウンくらって挫折を繰り返していたのだが、保ち合いの対処方法に問題があったという事だなぁ。

なんだか遠回りしたような気がするが、、

まぁ、納得してこのやり方が良いと分かったので、必要な遠回りだったのだろう。

 

保ち合いへの対応力だけが課題だったという事だ。

 

そして、ようやく、その対応方法が少し分かってきたのかも。FTでたくさんの相場を見続けてトレードしてきて、ヤラレルパターンが分かってきたのかも。

 

ドル円だけ心配

過去に、「ドル円はボラがないから15分足でトレードすべき」と考えた事がある。

これは真実なのか?

ドル円で1時間足トレードは不利なのか?

でも、師匠は1時間足トレードやってるし、、技量次第なのだろうなぁ。

まぁ、次はドル円やってみよう。

 

まとめ

リアルへ本格復帰しようと思う。

 

最近もリアルに手を付けていたんだけど、ポジっても「なんか負けそう…負けたくない」とビビって数分で手じまいしてしまうという状態になっていた。。

今年の利益がもうなくなっていて、「ここからの負けは元本棄損になる」とビビってるんだろうな。。

それに、最近もちょっと別のやり方を試したりもしてたので、トレード方法がブレブレで自信が持てなくなっていたというのもあろう。

 

でも、トレード方法はもう固まった。自信を持っていい。

 

最近は相場がいい感じで動いているし、さらに今週は米大統領選もあり、相場がもっと大きく動く可能性もある。年末は良く動くような気がするし、いい印象ある。

さぁ、リアル復帰、頑張るぞ!

でも今週は荒れるだろうからFTでドル円の練習かなぁ。