2020年11月28日 今週の振り返り

1勝0敗 +2万円

 

薄利!

バイトの給料か!?

 

でも、相場なんてこんなもん。

取れるときもあれば、取れない時もある。

今週の相場は、攻めるのではなく守る相場。

損失が出なかっただけも上出来と考えよう。

 

後から見れば、トレードできそうなポイントが見えてくるが…

今週のユロ、ポンド、オジは上値は重いものの、ジワジワと高値更新を続けていた。

結果的には、トレードしていれば利益が得られたかもしれない。

だけど、一歩間違えば、高値掴みの損切トレードが頻発してもおかしくない。

「トレードできそうだった」というのは結果論でしかない。

 

仮に、今週の相場が上値の抵抗をぶち抜いて、大上昇という結果だとしたらどうだろう?

「トレードしておけばよかったー!」

という後悔が沸くかもしれない。

それも結果論。

 

でも、結果が出る前の状況では、上値抵抗が強くて、上値が異常に重い値動きになっているという事実しかない。

相場環境的に、攻めるべき局面ではない。

もし抵抗を超えて大きくぶち上げたとしても、それは取れなくていい。その後の押し目買いが攻めるべき局面となる。

結果論でトレードを考えるべきじゃない。

 

ということで、トレードしなかった今週のトレード判断は悪くないと思う。

 

目指しているのはトレードの安定

少々取り逃したっていい。

負けにくいトレードができる事が目標だ。

トレードが安定して、継続的に資金を増やせる状態になれば、稼ぎはロットを上げる事でいくらでも増やすことができる。

pipsを稼ぐことが目的であってはならない。

 

微益連発は当たり前

さんざんFTで練習して分かってる。

普段は微益ばかりで資金ってなかなか増えない。

たまに大きなトレンドに乗れると資金が増える。

トレードってそういうもの。

 

だから、「今週利益が出なかった」と焦る必要なんて一切ない。

 

SNSを見てると、スキャルパーは毎日稼いでいたりして、羨ましく思えてしまうが、スタイルが違うので仕方がない。

自分は数か月というスパンでの資金の増減を見ていくしかない。

100万通貨、200万通貨というレベルまでロットが上げられれば、微益といっても、日常生活に必要なくらいの金額になる。

そうなれば、精神的にも楽なんだろう。

そういう意味で、今のような初期の頃が一番大変な時期だと思う。

稼ぎがない、スキルも不安定。

ここに本当に大きな壁が存在していると思う。

 

まとめ

以上、

稼ぎが乏しくて元気になれない自分に対して、

「希望はある」「正しいトレードをしている」

と言い聞かせてみた。

 

でも、稼ぎはないけど、悪くない。

今度はイケるような気がする。

2週間、負けトレードがないからそう感じるのか?

分からないが、今度こそ、大きな壁を乗り越えてみせる。