2020年12月24日 今週の振り返り

本日木曜はクリスマスイブ。昨年、イブは全く動かずだったので、今日はトレードしない。明日クリスマスも時短なのでトレードなし。今週は3日で終了でしたね。

 

で、今週トレードなし。

いや、エントリしたけど「自信ないなぁ。やめとこ。」ですぐ手仕舞ったのが3回ほどあった。

 

オジ、ユロ、ポンドは月曜窓開けスタートから大下落となったが、ここは全く手が出ず。窓開けて戻しがないので手が出ない。まぁ、そんな相場はどうでもいい。

他に、気になったポイントを振り返る。

 

USDJPY

4時間足

「安値を切り上げて、4HMAが受けてきて買えるか?」

という状況になりつつあったが、非常に悩んだ。

「ここ、足元を支える節目あるのか?」

過去の安値と小さなネックあたりがかろうじて節目になりうるが、それ以外には安値が揃ったラインができつつあるだけだった。

後半は緩やかな上昇トレンドラインも見えていたが。

が、

「節目での反発を徹底する」

と決めたので、節目なのか、違うのか、ずっと悩んでいた。

で、トレードに踏み切れなかった。

まぁでも、3回も4回も止まった価格があれば、節目と見なしてもいいのかもねぇ。

節目に期待するのは「支えられること」なので、実際に3回も4回も止まっていれば、その期待に沿う状況だよね。。次からはアリにしておこう。

 

ただ、今週のドル円は直上にも節目があって、何度も何度も叩かれて上値が重い。現在は保ち合いになっている。

来週は下抜けかな。。

 

GBPUSD

1つ取り逃しをしたような局面あった。

4時間足と1時間足

4時間足で安値を切り上げて上昇中。足元はきっちり節目でサポートされている。

4HMAも勢いを無くして水平気味。

1HMAはWボトムを作ってキレイに受けている。

2本の節目に挟まれたエリアだったので、

「上抜けてから、次の押し、グランビル第3波を狙うのが良いかな。」

と考えていた。

つまり、この上昇第1波はトレードするつもりがなかった。

が、

この値動き。いくべきだったんじゃないか?

わずかに押して、2本の下の節目タッチ。1HMAにもタッチ。

そこから急激に反発。リアルで見てたが、「ニュースか?」と思わんばかりの強烈な反発が発生していた。

あまりに強い値動きだったので、

「あ、入る? いや、上の節目が危険だろ。やめとけ。」

数分葛藤してる間に上抜けていきました。。。

 

これ、2本のうち下に節目で考えれば買っていいトコやんね。MAも良好だし。

ただ、上の節目をどう考えるか?

ちょっと抜けただけじゃダマシもあるので、エントリするのも怖い。

 

15分足

エントリするなら黄色〇。

この15分足を後から見たんだが、、、、超典型的なトレード局面でしたね。

15分でも節目を形成して足元が支えられ、15分ダウを崩してからの再上昇、MAは収斂から拡散、ボラも収斂から拡散。

15分足は文句なしのトレード局面。

 

トータルで考えればトレードすべきだったと思う。

・4時間足で安値切り上げ見えてる。節目にもサポートされた。

・4HMA水平気味。

・1時間足でグランビル第3波。

・2本の節目の上で止まったが下がサポートし、上抜け。これ典型パターンぽい。

・15分足完璧な形。

・急激な反発の動き。これはリアルで見てないと分からん。

 

ただ、あくまで4HMAグランビル第1波なので、さくっと利食いしちゃうべきものだろうが。

 

この値動きのシナリオが頭になかったので、全然トレード準備できてなかったよ。

まぁ、節目意識して1か月もたってないので仕方ないよな。。

 

まとめ

やっぱ節目を使った典型パターンが頭に入ってないね。

こうやってコツコツ蓄積して、幅を広げていくしかないね。

 

さて、来週が今年最後。

毎年、クリスマス明けは普通に動いているので、まだトレードチャンスはある。

しまっていこう。