2021年3月11日EURUSD(〇)

16:27の買いエントリ。

昨晩やられたが、今日もトレード。

日足

日足では大事なラインを割ってしまって、長期的な下落トレンド入りしたような雰囲気。

ただ、チャネル下限に到達し、直前の下落が大きいものだったので、少しくらい戻してもいいんじゃ?前回押し安値付近まで戻すとキレイじゃない?

4時間足

昨晩の上昇で戻り高値まで接近。昨晩ひどい目にあった下落トレンドラインはすでに上抜けている。

戻り高値にはりつく動きから上抜けで買いエントリ。

週末に、上位足節目抜けのトレードをいくつか見返していた。下位足がそこそこキレイに整っていて、節目直前で収束があれば狙っていける。

1時間足

目立つ高値のラインに対してWボトムでサポートされた。

直前に戻り高値をヒゲ抜けした後に、15分足では急落があった。この動きから、この節目が強く意識されているのが分かる。次、抜ければ、、、?いけんじゃない?

ということで、抜けでエントリ。

結果的には抜けた後、少し上で上昇が止められた。15分足で何度も上ヒゲが出るくらいに売られていた。なぜ??と思ったのだが、図のピンクの高値が4時間足の戻り高値となっているような動き。エントリラインでも強く売られていたのを見ると、ここは判断が分かれたところだったんだなぁ。。気づかなかった。

でも、そのピンクのラインを抜けたら急上昇。4時間足、上昇トレンド転換ですな。いやぁ、こういう素直な上昇いいねぇ。そう思うと、昨日のトレードは相場環境がイマイチだったか。売りが入るところが近すぎるがゆえ、荒れちゃうんだねぇ。

あと、1時間足は上昇ダウがかなり継続した状況なので、高値掴みが怖かったりした。上位足節目抜けは上昇中に買うということになるのは分かっているが怖かった・・・。でも、結果を見ると、「節目抜けはアリなのねぇ」というのを実感する。

15分足

普通に指値でエントリ。あとは知らん!

トレード結果

のちほど。

いい感じに利益乗ってる。半分利食いも完了してお気楽モードに。

15分足

地味な利益を頂戴しました。

外出していて帰ってきたらチャネル上限到達から少し下げてたので、ちょっと待って少し上がったところで半分利食い。残りは逆指値しておいたんだけど、☆3指標で値がとんで、悲しいところで利食いとなりました。