FT練習 GBPUSD2020年

久しぶりにFTをやってみたら、連敗しまくり。

「やばい・・・こんなんリアルで負けて当然やん・・・」

という事で焦りながらFTを続けていた。

しばらくやっていて、

「追っかけエントリして負けすぎ!!」

という事に気づく。

自分としては、追っかけてるつもりはないのだが、結果的に追っかけになっている。。。

重症だ。。

焦りなのか?

それもあるが、チャートをそう見てしまっている。

下がってちょっと戻してヨコヨコ。このヨコヨコを戻しと認識し、安値ブレイクで売ったら安値掴み。。

いや、そういう見方をすべき場面もあるが、そう見るべきでない場面もある。その区別がつかない。

「どうしたらいい。。。??」

悩みながらチャートとにらめっこしていて、ボリンが使えそうな事に気づいた。

ルールを1つ作った。

これまで、トレード方法はあるが、裁量の名のごとく、明確なものはなかった。

でも、このルールは、ボリンを使って明確に規定される。裁量の余地はほとんどない。

このフィルターをかます事で、追っかけエントリを撲滅する。

成績

GBPUSD2020年

最初連敗して凹む。

たまたま大きく勝ったので資金が増えた。

が、その後はしばらく勝ったり負けたりを繰り返し、資金は増えない。ここら辺で「追っかけエントリ」の問題に気づく。

絶対ルールを1つ設けつつ、ボリンに対する価格の値動きを観察しながらトレードを続けた。資金が右肩上がりに増えるようになった。

イケるような気がしてきた!!

でも、

また、

「気のせいでした…」

となるのが少し怖い。

こんなの、「たまたま相場がハマっただけ」という域を脱しない。

まとめ

まだサンプルが全然足りない。

次はユロドル2020年で試してみる。