2021年5月22日 今週の振り返り

0勝0敗1分 資金増減なし

 

まだ節目トレードの方法が固まっていないなぁ。

なんとなくトレードすべき形は分かってきているが、自信を持ってエントリできない感じだし、結果的に見逃したというポイントもあった。

振り返りながら、トレードすべき形を頭に焼き付けていこう。

ドル円

4時間足

今週のドル円はトレードポイントなし。

日足が下落トレンドに入っての戻しの状況。そこでWトップが見えてきて、売り方の勢いが増しつつあるのが感じられる。

しかし、日足上昇トレンドラインがいよいよ接近し、「上昇トレンド継続だー!」と見てる人の買いも入ってくる。この日足の上昇トレンドラインには絶対に逆らえない。売るのは抜けた後しかない。

今週は2つ目のトップからズルズルと下げる展開。4HMAにもほとんど反応せず割り込んでいく。

4HMA付近ではまだ上昇トレンドラインと距離があるので、いい戻りがあれば売りも考えられそうだったが、ズルズル下げるので戻り売りできない。

そして、上昇トレンドライン付近で殴り合いが始まる。

しっかり反発して上昇の形を作ればトレードできそうだが、まだ流れは下。でも、下はガチガチにサポートされてる。

トレードできんわ。これ。

来週は決着がついたあたりからトレードできるといいな。

オジドル

4時間足

ポンドとかユロは上昇してるのに、オジは元気ない。レンジ気味。

先週以前はレンジの真ん中あたりに節目ぽいのがあったが、今週はレンジ内に節目が見えない。トレードすべき環境にない感じ。

緩やかな上昇チャネルに乗っていたが、いよいよ下限を割り込みつつある。水平的にはレンジだが、上昇トレンドラインを何度も割ってきているので、そろそろ崩れそうな気配もある。そこで売りを狙ってはいたが、イマイチでした。

トレードポイント1

1時間足

トレードを悩んだポイント。4HMAを上抜けてからのグランビル第3波の局面。

ただ、いろいろ微妙な点があって見送った。

4時間足の安値が微妙に下抜けていて、サポートされたか微妙。でも、これくらいなら許容範囲内。

でも、次の1時間足の安値切り上げ。レジサポ逆転した?

はっきり言って微妙すぎる。そもそも上抜けたと言えないよな。これをレジサポ逆転と見るのはあまりにも強引すぎるだろと、、、。

MAの形は完璧だけど、サポートが微妙すぎるということで見送り。

結果的には少し上に走ったけど、こんなのトレードする価値ないよな。

見送り後悔なし。

トレードポイント2

1時間足

切り下げラインもあって、収束もあって、エントリラインは節目という事もあって、とりあえずエントリしてみたが、全然下がらんということで保ち合い中に切ってしまった。

つけた安値まではスッと下がるのかと思っていたのだが、なんでしょうねぇ。

やっぱり4時間足で節目が認識しにくいというのが影響してるのかなぁ。

1つ前の下げは、初動でそこそこ勢いよく下げてた。そっちは4時間足の節目(レンジ上限)と戻り高値に押さえられているポイントだったので勢いが出たのかなと感じる。ただ、そのポイントは1時間足で高値切り下げなく、上昇トレンドラインも割っていないという状況だったのでトレードする気がなかった。

でも、この2つを比べると、4時間足の節目で押さえられたか否かで、追随売りの入りやすさが全然違うような印象を受けた。4時間足の節目でトレードする事が大切だと感じさせられた。

ポンドドル

4時間足

ポンドはしっかり上昇しましたねぇ。これはトレードすべきポイントが1つあった。

日足でレジサポ逆転し、さらに4時間足でもレジサポ逆転するところ。MAも良好。

なぜトレードしなかった??

1時間足

1時間足でも典型的な形。MAも良好。

白〇のポイントはトレードする気も何も起きてなかった。はて?なんでだろ?こんないい形なのに?

ボリン下限タッチまで待つつもりだったので、それだけでスルーしてた。1HMAも勢い無くしてたし。

で、しばらく見てて、4時間足のレジサポ逆転に気づく。(遅い!!)

でも、頭から売りが入って押さえられてる。これは下降トレンドラインが効いてる模様。

で、高値抜け(黄色〇)でエントリすると損切幅が40pips以上になり、これがエントリをためらう最大要因だった。

そしてボリン下限タッチするような下げで崩れるかと思ったところ、強い買いが入ってきた。正直、ここで高値抜け待たずにエントリしてしまおうかと思ったが、、、踏み切れなかった。

「今晩はこのままレンジで終えて、明日の朝から損切幅小さく押さえてジワリと上昇するならエントリしよう」と思って寝た。

起きたら抜けてた。

これはねぇ、、、、トレードすべきだった。

日足レジサポ逆転+4時間足レジサポ逆転。これだけでトレードする価値は十分。それに加えてMA良好。4HMAグランビル第3波。

正直、高値抜けなど気にせず、節目付近に落ちてきたところで逆張りしても良かったような気もする。

それくらいトレードすべきポイントだった。

今週の最大の後悔ポイントですわ。

こういう環境なら逆張りアリですな。というか、もっと早く環境の良さに気づけって。

まとめ

4時間足の大切さを感じた週だった。

「4時間足の節目」でトレードする事が必須だと感じた。

で、4時間足で逆張りするのね。

今までずっとやってきたのに、「逆張りを狙ってる」なんて考えた事なかったわ。。

 

となると、4時間足チャートを集中してみるべきなんだなぁ。

今までは1時間足チャートを見ていたが、4時間足チャートをもっと見るべきだ。

 

トレードの考え方の改造が続いてる。。。

トレードチャンスも少ないので1個見逃すと、週が終わってしまったりする。

それゆえ、「獲り逃したくない」という気持ちが高くなっていくよねぇ。

今週はトレード欲がなく、じっくり待てていたが、来週あたりは「トレード欲」も出てきそうで、注意が必要だなぁ。無理なトレードする前にしっかりとしたチャンス来てください。