2021年7月1日 いろいろ考えてみる

昨夜はかなりのショックで寝込んでしまったが(笑)、

少し冷静に考えなおしてみる。

結局、何が大事なのか?

①『負けにくいトレード』

②『そのトレードに自信を持っている』

 

この2つだよね。

負けてばかりのトレードだと、自信を持ってしっかりポジションを保持しても、負けまくって資金減る。

トレードに自信がなければ、そのトレードが客観的に負けにくいトレードであったとしても、5分、15分足の値動きにビクビクして逃げてしまう。

 

そして、

『自信』

は気持ちの問題なので、やり方次第で矯正できるし、手じまいもルールがあるのだから、強制的に処理することもできる。

 

やはり最大の問題は

『負けにくいトレード』

ができているか否か。

 

そこに行きつくのよね。

 

今、『負けにくいトレード(エントリ)』ができているのか?

どうだろう?

直近ではトレードをかなり絞り込めて、悪くない。

なんとなく軸も固まりつつあるが、まだ徹底できているとは言えないかなぁ。

前回の負けトレード

ドル円1時間足

逆三尊完成でエントリしたが、ヒゲで終わったやつ。

4時間足

これね、4時間足でのサポートが微妙だったのよね。

2回止まって安値ラインは作ったが、レジサポ逆転してるわけじゃない。単に前回安値とMAにサポートされただけとも言える。

「4時間足で節目を背にしてトレードしてない!」

これが徹底できてない。

1時間足で逆三尊ができたので、イケそうだとトレードしてしまった。

また、ココを逃して、ここより上で買う羽目になるのを避けたかったというのもある。「もしそうなったら、抜けた後の押しを待て」という余裕を持った考え方ができていない。

さらに、1時間足のボリン上限からの売りが気になっていたにも関わらず特攻してしまった。ボリン上限タッチからの売りをコナス値動きを見てからで良かったよな。1時間MAでサポートされるのを見てからで良かったよな。

あと、

「そもそもここで売り方の損切が出るのか?」

という疑問もあるよね。なんなら、

「買い方も利食いを考えている状況ではないのか?」

とも考えられる。

 

そう考えていくと、これが

「負けにくいトレード」

なのか???

という疑問が沸いてくる。

 

一番、分かりやすいのが昨日の局面との比較だ。

昨日のドル円

ドル円 1時間足

白〇が負けた時の買いエントリ。

黄色〇が昨日のエントリポイント(建値で逃げちゃったけど…)。

足元は4時間足レベルで節目を作ろうとしていた。

高値を小さくWトップ作りながら切り下げて、売り叩かれている状況。4HMAも下向きで売れ売れの相場だった。

しかし、足元が固くて全然割れない。

一応切り下げラインも見えていて、直近で小さくWトップを作っていた。

「これ上抜けたらどうなる?」

上抜けた後に、売り方がさらに売り叩こうとできるポイントが存在するのか? ないよね。売り方は逃げていくしかないよね。

1時間足でボリンも収束し、前回のように上限で売られる危険もない。というか、既に上限タッチから売られているのだが全く割れない。

さらには、中期的にドル円は上昇トレンド中ですよ。反転が見えたらみんな買ってくるよね。

ある意味、簡単な相場だった。

上抜けたら絶対上昇するでしょ、というポイントだよね。。

なのに、なぜ逃げた…。

・4HMAがまだ若干下向き。売りが入ってくるかも。→いや、もう売れるポイントなんてないってば。それが分かってない。

・これは4HMA上抜けの第1波だ。抜けてもそんなに伸びないのでは?→そんなの分からん。が、この形、損切りの連鎖が起きてもおかしくないよね。そうなると第3波になってしまうことも十分考えられたじゃん。。

こういうのが待つべきチャンスだよね。

 

もう1ついこう。

今週のユロドル

4時間足

わっかりやすい節目が見えていた。中期的に下落トレンド中。

節目を下抜けたら戻り売りしなければならない局面!!

実際に黄色〇付近が戻り売りを考えるところ。

1時間足

節目ちょい下で2回止まった。ネック割れで売ったが逃げた。

気になる事があったから。

・1HMAが下向きから水平になったところ。買われやすいか?

直下にも目立つ4時間足節目がある。ここでサポートされちゃう?

・節目への到達が甘い?もう1段上に戻しちゃう?→そんなの分からん。節目付近でWトップからネック割れたのならトレードするしかない。それがLCになったとしたら、運が悪かったとあきらめるだけ。トレードに問題はない。

実際に、エントリ後になかなか下がらず、保ち合いになってた。

こういうケースは今後もあって悩むと思うので冷静なうちに考えを固めておく。

基本的にはチャンスとしてトレードする。

4時間足の中期的なトレンド方向へのトレードなので、進行方向の節目は抜けることが前提。直近の流れも完全に下攻めだし。

で、直下(直上)に節目があると売り買いの攻防が起きる。エントリしても含み損で我慢する事が必要となる。そうなっても、しっかりポジをキープするしかない。

初動から一気に動くこともあるが、なかなか動かない事も多い。動かない場合でも動じない事が必要だ。。

 

軸を持ってトレードする

4時間足の節目を背にトレードする。

これだけは外してはならない。

で、逆に言えば、それだけやってれば勝てるはずだと思ってる。

 

トレードをそれに絞って、実績を積み上げるしかない。

資金が減ることにおびえず、実績を積み上げないと。

資金が減ることにおびえるのなら、ロットを下げればいいと思うのだが、、、。お金が欲しいという欲で下げられない。でもお金を失いたくないから逃げたりする。困ったもんだ。。

 

負けても後悔しないポイントでエントリする

最終的にはこれを徹底する事になるかな。

4時間足の節目を背にしてエントリしたのだから、、

これで負けたら仕方がない!!

そう考えてトレードしよう。

 

4時間節目抜けはトレードすんの?

うーん、、、。

難しそうなんよね、、、。

負けたら後悔しそうよね。。

できれば避けたい。

でも、トレードチャンスが全然ないと、こういうのに手をだしたくなるよね。

そう、

トレードチャンスが全然ないと、

トレードしたくなっちゃうのよね!!!

 

トレードチャンスがない時、どうする?

我慢できなくなるんだよな。

1週間トレードなしとか、、、ガマンできない。

いや、4時間足節目でトレードせずに、なんとなく微妙と見送る事があるから、そうなってるのか?

いや、そうでもないか。

結局は、収入がないから「トレードして稼ぎたい」となってしまうんだよねぇ。

収入源が他にあればいいのだろうなぁ。。

 

というか、

昨日のように、トレードチャンスを変な手じまいして逃してるのが最悪なんだよ!

本命がきちんと取れるようになってからだろ。別のトレードに手を出すのは。

別のトレード混ぜると、本命のトレードをさらにしくじる原因になるぞ!

そう思って、ガマンしよう。

 

そうだ、

もう残りの半年は本命トレードだけやってみろよ!

チャンスがなきゃ我慢だ!

 

で、4時間足の節目抜けはトレードすんの?

節目に張り付いて収束した時だけだな。

瞬殺されるリスクはあるんだけどね。。

うーん、、

もうちょっと節目抜けトレードを検証してみよう。

自信の無さを払しょくできないなら、トレードしない方がいい。

 

5分足トレード、、、どうしようかな、、、

5分足トレードをやろうと思いつつあったが、

昨日のような相場がきちんと取れるのなら、

それだけでええやん、、、

と感じてしまった。

 

ま、気が向くまではやめておこう。

 

まとめ

結局、

自分のトレードは微妙にブレブレしてる。

固まってない。

もっとガチっと固めてしまわないと、

トレードに迷いが出るし、

実績も積みあがらない。

そのトレードが良いも悪いも判断できない状態になってしまっている。

 

ということで、

 

意識的にトレードを固めよう。

個々のトレード結果に一喜一憂しない。

チャンスがきたら、しっかりエントリしてトレードする。

チャンスがないなら、何もしない。

 

基本のキ。

 

何も新しい事ではない。。

ただ、やり方だけの問題。

難しいことじゃない。

 

それで残り半年、しっかりやっていこうぜ。