2021年7月19日 ドル円 エントリできなかった…

4時間足グランビル第3波、走ってるわ~。

見てるだけ~~。

 

エントリする場所に迷って決断できず。

やっちまったかな?

ちょっとだけいつもと状況が違って迷ってしまった。

 

振り返っておく。

日足

週足レベルでは上昇トレンド中だが、日足では押し安値も割って、上昇トレンドラインも割って、完全に下落トレンド入りしていた。

今日は黄色〇のところ。

一応、ここは週足レベルで半値押しとなるところで、上昇再開となるか、さらに深押しするかの分岐点でもあった。その点では完全に売りだけ考えればいいという訳ではないとは思うが。

4時間足

足元が節目でサポートされてきた感じもあるが、高値も切り下げ続けている。

MA的にはグランビル第3波に移る場面でもあり、足元のサポートを割ったら大きく動くと考えられる。

すでに価格はサポートの直上まで来ているので、抜ける前にエントリするより、抜けた後でエントリする方が良さそうではある。

問題は、サポートの安値が2つに分かれてるってところ。直近安値割れでエントリしていいのか、それとも、2つ前のちょっと下の安値割れでエントリすべきか?ここに迷いを持ったまま、値動きを見ていた。

1時間足

エントリするポイントの選択肢は3つ。

1つ目は直近安値直上かつ切り上げラインの直上でもあるので、ここで売るのは少々リスクが高い。

2つ目は直近安値割れ。この安値は4時間足でも節目である。切り上げラインも割れた所。

3つ目は4時間足での2つ前の安値割れ。この安値は節目には見えないが、サポートの一番下ということで気になる。

 

2つ目か3つ目のいずれかで考えていた。が、決めきれなかった。

15分足

サポートが遠ければ1つ目でエントリが良いと思うが、15分ではちょっとエントリしにくい下落だった・・・。高値切り下げない一気下げなのでエントリ躊躇する。

問題の2つ目。このラインで止まって保ち合いになった。今思えば、ここで保ち合いになったということは、こちらの節目と切り上げラインが意識されていたと考えるべきだったか。このポイントの収束拡散でエントリすべきだったな。

ただ、迷いながらも、ここでリターンムーブしたらエントリしようかと思って見ていた。が、ラインまでリターンムーブせずに、少し戻して下げていってしまった…。

そして最後のライン到達。最後のラインはあっさり抜けていった…。あまりにあっさり抜けてしまったので逆に手遅れかと思い、エントリをためらった。

 

迷ったのは2点

・安値が2つあって、どちらのブレイクでエントリすべきか迷った。この2つの安値が近ければ最安値を使えばいいのだが、今回はドル円で16pipsと大きな開きがあり、誤差の範囲を超えていた。

・ヒゲだましを避けるために、リターンムーブを待ったが、ラインまでも戻さずに下落していった。期待した動きと違って、どう考えていいのか分からず、エントリできなかった。

 

収束(張り付き)から拡散する所でエントリすれば良かったのかな。

一度走り始めれば少しは進むので、ポジを持った状態で16pips先の最安値での攻防を見るべきだったかな。

 

あと、リターンムーブはねぇ、、そもそも収束からブレイクするときはリターンムーブ待つ必要ないよな。先々週のような一気に下げてきて抜く動きの場合は一気戻しも出やすいのでリターンムーブなりの次の戻しを見ることが必須だ。その際も、ラインまで戻らないで安値割るならそこで乗るだけか。

 

まとめ

とりあえずの結論は出したが、また考え続けていこう。

 

さて、もう走ってしまっているので、明日か明後日の戻り売り待ちですなぁ。

今回の逃しはショックがいつもより少ないな。自分のスキル不足なのでしょうがない。でも、「分からなかったらエントリしない」という判断は良かった。

 

今週は他の通貨ペアも月曜からよく動いてる。先週末からの下げっぱなしなので手が出ないが、どこかでチャンスに出会えそうだ。気を引き締めていこう。