2021年7月24日 今週の振り返り

0勝2敗5分 -4万円

 

ジワジワ削られていく…。

 

月曜にちょっと異色なトレードをして負け。

その後、取れそうな値動きをコトゴトくスルーするという事態に。。

なんか抵抗を意識しすぎて、取るべきものが取れなくなってるのか?

 

滅入るな。

振り返ろう。

 

オジドルの負けトレード

1時間足

売り方の損切ラインが見えていた。

「これは抜けたら飛ぶだろ」

と思ってエントリしたが、まったくダメ。

というか、戻り売りの方が勢いあるやん!(汗)

「MAも受けて第3波の位置。こんないきなりの逆行ある??」

と頭を抱えてしまう。

でも、戻り売りに勢いが出てるのだから理由があるだろう。見つけた。

4時間足

逆行をくらった黄色ライン。これ過去をさかのぼってみると。。

4時間足

めちゃくちゃ節目やん。

でもこれ去年の11月でっせ!

でもでも、今の価格帯をさかのぼると、これが直近なのよね。

こんなに効くんだ。。

遠くてさかのぼって見るの面倒だからやってなかったけど、、、見るべきだったな。

いや、でもなぁ、、これが分かっていたとしても、エントリしてそう。

だって、直近でラインが出来てたんだから。「そのラインが、過去の節目に一致してるんだろうな。」くらいにしか思わず、やっぱり「抜けたらエントリだろ」と考えてそう。。

 

あと、サポートはなかったよね。

4時間足、日足で水平的に下げ止まる理由がない。

「下げ止まった」というだけで反トレンドの戻しを狙いにいくのだから、下げ止まる理由を必須とするのはありかもね。

でも、、、あのラインが見えたらエントリしたくなるよなぁ、、、。

まぁ、この負けはあきらめよう。

オジドルの押し目買い

エントリしたけど建値で逃げちゃったやつ。。

1時間足

キレイにレジサポ逆転。2回サポートされる。

MA良好。

1時間足戻り高値も抜けて、その戻り高値にサポートされてる。

4時間足戻り高値ははるか上空で気にする必要なし。

どう考えてもトレードすべきやつやろ。

なんで逃げた?

15分足

最初は15分足で白〇でエントリしようかと考えてた。

が、

「せっかく15分でエントリしようとしてたのに、なんでこんな高値がエントリポイントやねん!」

と思ってしまった。

13時頃という中途半端な時間でもあり、エントリできなかった。

で、欧州オープン。1時間足高値も抜けようとしてる。ここで重い腰を上げてエントリする。

が、なぜか次の15分足レベルの押しを我慢できず手じまい。。

おひ。。。なにやってんだ?

思い出せない。なにが怖かったんだろう?

週最初のトレードで負けて臆病になってたとしか思えない。ふぅ。。

微益でも勝ちトレードを逃してるぞ。

せっかくリスクとってエントリしたのに、これじゃ台無しだ。勝ちを放棄してるとしか言えない。クソトレード。こんな手じまいは無くさないとホントに前に進まんぞ。。

 

ポンドドルの押し目買い

これ、オジドルと同じ値動き。時間も同じ。

押し目買いしようかと思ったが、エントリポイント発生が13時ごろという中途半端な時間だったので、欧州オープンの逆行が怖くてエントリしなかった。

1時間足

1時間足の戻り高値も上抜けてる。4時間足戻り高値ははるか上空。気にする必要なし。下降トレンドラインを意識するように戻り売り入ったが、その下落を否定する上抜け。MA良好。押し目買いしたらええやん!

押し目が戻り高値でなく、その一段上の高値でサポートされた。これ、「ちょい押しが浅い?」と疑問を持ったのだけど、、、、この判断はやめた方が良さそう。浅くてもサポートあって、下位足反転してんだから、トレードしたらええやん。こんなのでスルーしてるからトレードチャンスが減るんだよ。

あと、エントリの時間帯。いつでもええやん。エントリしようぜ。欧州オープンで逆行してきても、相場に走る気があるのなら1時間足安値割らずに上昇するよ。

15分足

15分でキレイにエントリできるはずだよねぇ。下降トレンドラインも上抜けるところだし。

ただ、、でっかい下ヒゲがあるな。これに耐えられたかな?

いや、ルール通りトレールしてれば引っかかってない。

これがきちんとルール通りにトレールすべき理由だよね。いちいち逆行を気にして逃げてたら勝ちが得られないんですよ!

というか、こんな逆行は当然に生じるもの。相場ってそういうもの。イレギュラーではなく、通常の値動き。これが当たり前だと思えないようなら、永遠に勝ちトレーダーにはなれない。

エントリしたら、チャートなんて見てる必要ないんだよね。

で、なんだかんだで、ここも勝ちを逃してる。

エントリポイントが見えてないんじゃない。イケてない判断でトレードせずに勝ちを逃してる。クソクソ。

トレードチャンスがないと嘆く前に、ここトレードせいや!利益をもぎ取れや!

ポンドル戻り売り

1時間足

売りました。30分くらい見てて、手じまいました。。

私はいったい何がしたいのでしょう?

いや、ここ、自分でも訳が分からなくなって混乱した。あまり深く考えずに衝動的にエントリしてしまったので、とりあえず手じまいした感じです…。今週のトレードがどんどん混乱していった極みです。

4時間足

いや、まったく根拠なしじゃないんです。4時間足で節目まで戻しての下落。「これ下がるでしょ?」みたいな。

ただ、戻しが大きい。下落終わったかも。さらに、通常は4時間足の押し目買いを狙う局面。

でも、売りたいという気持ちもある。

混乱。

15分足

1時間足がどんどん高値切り下げてくる中で、15分足でも直近でWトップからのネック割れ。1HMAも水平から15分MAがデッドクロス。

衝動的に売った・・・。

でも、4時間足ではどこかで押し目買いが入って反転する可能性が高い。どこまで下げられるんだ??

そう考えながら、見ていたが、勢いが全然でないので手仕舞ってしまった。

結果的には1時間足の押し安値まで下げて急反発。わかりやすい値動きだった。

が、やっぱ反トレンドは目標が立てにくい。ひっかかりそうな所が多すぎて怖くなる。でも、この目標設定をしないとポジホールドできないな。

反トレンドをトレードするときは目標設定できるスキルが必須だ。そして、反トレンドがトレンド方向へ反転するときは急反発になりやすいので、利食いが下手だと利益にできないぞ。

自分にはまだ早いな。

というか、やっぱ反トレンドはトレードしない方がいいな。今週2回やってそう感じた。普通の所できちんと勝てるようになった後に手をだすところだ。。

ドル円戻り売り エントリポイントが分からず逃す

情けない…。

「ここエントリ?いやまだだ」

を3回くらい繰り返したような気がする。でスルー。

エントリが遅れれば遅れるほどどんどんエントリしにくくなっていく。

4時間足

高値切り下げ、安値切り上げの保ち合い。

でもダウ、MAの流れは下。サポートを気にしなければ売るしかない局面。

問題は下のサポート。

1時間足

切り上げラインと少しズレた安値で作られたサポート帯。

抜ける前にエントリして反応を見るか、抜けた後にエントリするか。今回は抜けた後を選択。

でも、ライン1本ではないので、抜けたと判断するのが非常に難しかった。下位足(15分足5分足)で抜けた後のリターンムーブを見てエントリしようと見ていたが、、、

15分足

抜ける前にエントリするなら白〇。

抜けたのを確認してエントリするなら黄色〇。

15分MA伸びきってるやん…遅すぎやろ…。逆にいつ反転してもおかしくない。。

そう思ってエントリできませんでしたとさ。。実際にエントリしたとしてもこの値動きだと利益になってないな…。

 

どうすべきだったのか?

結果論でなく、抜けるか抜けないか分からない前提でどうすべきだったのか?

節目とか気にしていない時代は問答無用で抜ける前にエントリしてたけど、節目を意識するようになりトレードを控えるケースが増えすぎてる。

 

うーん、、、、

 

自分のトレードは、トレンド方向への押し目買い・戻り売り。進行方向の節目は抜けることが前提。

そうか、これが大前提だよね。

節目を特に気にすべきケースは次のようなケースだよな。

・トレンド転換を狙うケースで、進行方向にある戻り高値・押し安値だ。トレンド転換していないけどダウ転換したので狙うというケースだよね。その場合は注意すべき。距離を取ってのエントリか、抜けた後を待つべき。

・ヨコヨコのレンジになってる。高値も安値も同価格帯で2回くらい止まったような場合。これは非常に抜けにくいイメージ。MAもグダグダになり抜ける勢いがつかない。

他にもあるのか?

 

今回のケースは4時間足も1時間足も下落トレンドでそろっている。レンジでなく三角保ち合い。三角保ち合いだけどMAはキレイに動いているので資金が入りやすくブレイクしやすいのかな。4時間足、1時間足ともに、MAとの関係もボリンとの関係も完璧だったし、流れ的には文句なしだったんだよね。水平もあるし、下降トレンドラインも効いてる。

根拠がたくさん揃ってるので、リスクとって抜ける前にエントリして勝負して良かったかな。

 

「抜けた後」ってのもいいんだけど、抜けた後の4時間足レベルの戻しを待つのならいいけど、抜ける動きを追いかけるのは美味しくないなぁ。。残された利幅が足りないし、抜けた事を確認したつもりでも絶対ではないし。

ドル円押し目買い その1

白〇でエントリしたけど、手仕舞っちゃったやつ。。

足元はレジサポ逆転で2回サポートされて、MAにもサポートされて買いたいところ。

が、自分が悩んだのは、1時間足の戻り高値。どっちなの???抜けてサポートされた?それともまだ抜けてないの?

もう1つ、4時間足で3点で作られた下降トレンドラインが直上にある。抜けられるのか?いずれ抜けるにしても、一度そこで売られて4時間足レベルの安値切り上げを作る方がキレイ。

上昇の勢いが強かったので、とりあえずエントリして乗ったが、、抵抗の存在が気になって自信がなくなってきて手じまいしちゃった。。

これも流れ的には買える形なんだけど、進行方向の抵抗が気になってトレードを迷った。

うーん。。。。。だな。

もういっちょいこう。

ドル円 押し目買い その2

1時間足

本来なら白〇でエントリを考えるところ、東京祝日で朝にほとんど動きがなかった。「動くとしても欧州からかなぁ、、」と油断してたら、エントリポイント見過ごした。。

で、何をとち狂ったか、戻り高値ライン抜けでエントリするという暴挙に出た。でも次の押しが15分を一瞬崩す感じになって利益なし。意味ナシ。

 

トレードする形が出来ても、抵抗が邪魔でトレードできないんすけど…

だからといって、

『抵抗を気にせずトレードせよ!』

というのはダメ。

今週のは結果的に抜けて走ったというだけ。

抵抗を気にせずトレードした場合、一時的に勝つことがあるが、相場次第で全く勝てずにヤラレまくるというのは経験している。

だから相場環境というのを重視しようとしている。

じゃ、どうすんの?

 

トレンドがはっきりしているのなら、抵抗を抜くことを期待して攻めればいい。(逆に完全に反トレンドなら手をださない。)

転換しようという動き(1時間足でトレンド、4時間足で反トレンドという状況)の場合は、戻り高値・押し安値はしっかり意識して、至近距離で立ち向かうことは避けるべき。攻めるのは抜けた後でいい。トレンドラインにも要注意。抜けた後のリターンムーブは攻めるべきポイントにもなりうるが。

 

これを今週のトレードにあてはめると、

月曜の下げはトレードしろ。保ち合いだが大きく見ればディセンディングだよね。2回反発したけど、その反発の上昇が高値切り下げてきて弱いわけだし。トレンド方向でもあるし抜ける可能性が十分あった。

後半の上昇の1つ目は抵抗が水平とトレンドラインの2つが存在し至近距離だし、そもそもトレンドが下落。1HMAも走ってる最中。なのでスルーで構わない。(形がかなりいいので、、、なんか結果を見るともったいなく感じちゃうよね。)

上昇2つ目は、4時間足の第3波(1HMA反転)の上昇は戻り高値まで距離も十分あったし、トレードすべきだろう。

 

よし、なんか考えがまとまってきたぞ。

自分がどんな局面を狙っているのか、きちんと軸となる考え方を持って、それに合致しているからトレードする、合致していないからトレードしない、と言えるようになろう。

 

チャートの結果に振り回されて、「もう抵抗を気にするのやめよう!」とかやってると退化することにもつながる。こういうのが、トレード上達が難しい理由だよね。正解がないし、個々のトレード結果に振り回されてしまう。

 

あと、今回、ドル円の上昇で抵抗をどんどん抜いていった理由が少し分かったような。

ドル円 日足

ドル円は週足レベルの押し目局面。

そして、月曜の下落で61.8%の押しを達成し、急反発している。週足レベルで押し目買いが入ったということよね。週足で上昇継続するならココは反発しておきたい最後の砦だし、実際に強烈に買いが入って切り返したってことや。で、その勢いのまま上昇を続けたってことね。

前回、50%押しからの反発も強かったよね。その時は全然気づいてなかったけど、強い上昇には理由があるってことだ。

4時間足、1時間足の形がどうとか、MAの形がどうとかいう話では当然ない。ここらへんを勘違いして、1時間足の形で抵抗を抜けるかどうか判断しようとしても無駄よ。

理由は常に上位足。

 

まとめ

相場に翻弄されて、自分を見失った週だった。

取り逃したとか、トレードしていいか分からんとか、しまいには、どうすりゃいいのよ、、、という状況へ。

が、

おかげで自分のトレードの軸を再確認できた。

攻めるべき局面と守るべき局面を理屈で決める。

そして攻めるべき局面でのみ攻める。

理屈をもってトレードしてれば、負けてもあきらめつくだろ。それでトータル成績が悪いなら理屈を考え直す機会となる。

そして、理屈をもってエントリするから、自信をもってポジをホールドできる。

「ここトレードしていいとこなのかな?」

と疑問を持ってエントリしてしまうと、ポジをホールドできないクソトレードになってしまう。

そしてそんなトレードで勝ったとしても、いつまでたっても、「ここトレードしていいのかな?」と不安な気持ちでのトレードを続けることになるだけ。そんなの望む状況じゃない!

来週こそ、しっかり自信を持ってエントリするトレードをしていこう!