狙うべき典型的局面、狙うべきでない局面

実例を蓄えていく。

新しい事例があれば、過去の事例と比較しながら考えていけばいい。勝率が悪そうなら「狙うべきでない局面」に移動するとかしていけばいい。

狙うべき局面

トレンド未転換での4HMAグランビル第3波

1時間足
1時間足

トレンド未転換でも、押し安値・戻り高値まで距離あるなら狙おう。

4時間足が未転換でも、1時間足は転換済であることは必須

第1波が微弱で抜けてないのが気になるところだが走った

この2つの例は、その前に大きく上昇・下落していたという状況がある。反転すれば、手じまいを巻き込みやすい。戻り高値・押し安値を抜けると加速した。

また、見てのとおり、1時間足でかなり収束しているという点も大きそう。

1HMAの波レベルでも安値切り上げ(高値切り下げ)ができて、走りやすい局面。

4時間足の第5波

4時間足
1時間足

第3波の大きな動きが終わった後の第5波は狙っていいでしょ。

この例だと、戻しが小さいというのが懸念された。

が、

・頭が節目(レジサポ逆転)で押さえられている

・1時間足でダウを一旦崩してから、再度下落転換

という条件が揃えばトレードすべきだろう。

 

 

狙うな!という局面

下向き4HMAの上で買う

1時間足

大きく上昇した後の調整で、4HMAに潜り込んだケース。

4HMAに潜った後、再度、4HMAの上に出てきたところでの買いは次の条件が整わない限りNG。

・4HMAが水平

・4時間足レベルで、4HMA潜ってる時の高値でサポートされての上昇

これがないと、依然として戻り売りが入りやすい。安易に買うな!!